眞願寺で行われた行事」カテゴリーアーカイブ

住職講座「家庭で出来るおつとめの練習」

五月も20日を過ぎ、北国にも初夏を感じる日も増えてきました。22日は江別もいいお天気になり、お昼で26度になりました。

新緑と樹木の花々が咲き競い、野鳥は雌をよぶ美しい鳴き声が境内に響いています。

春の境内。たんぽぽの綿帽子がちりちりになり飛んでいます。どこに根を張るのか、すべて風にゆだねつつ、気持ちよさそうにさえ見える今日です。

さて、16日の住職講座のご報告です。60名を越える参詣をいただき、用意していた椅子や資料もたりなくなり、急遽準備に追われました。ありがたいことです。

午後1時より「家庭で出来るおつとめの練習」ということで住職講座が始まりました。たくさんあるおつとめの中では、手軽に読める偈文「讃仏偈」と「重誓偈」について読み方と作法の練習と、その経文について説明をしました。

昨年の住職講座と同じように、家庭用のお仏壇を用意しました。基本的なお飾りやおつとめに必要なお道具などの配置、そしてお給仕の作法など、実際に見ていただきました。横から見ると、わかりやすいとのリクエストもあり、緊張しつつ、姿勢や角度などに気をつかいつつ、デモしてみました。

また、一言で「お経」といっても中々何が書いてあるのか、誰が言った言葉なのか、誰のためにあるのか・・。結構そこの部分が「お寺さん任せ」になっているようです。内陣に飾られている「浄土三部経」を実際に見ていただき、「讃仏偈」「重誓偈」がどこに書かれているのかなど。そして和語にするとこんな言葉になるって事を、説明しました。

そんな意味を、私達は日々おつとめしていたのか・・。と感想も聞かれました。「本を読む」ことは「内容を知る」ことであり「書いた人の考え方や思いを感じる」ことでしょう。そして私の生きる道となる教えの本である「お経を読む」ことは「お経の書いてある意味を知る」ことであり、「み仏の智慧と慈悲の心をいただくこと」なのでしょう。ゆっくりと、何遍も繰り返しいただきたいと、皆さんと学びを深めました。

休憩を挟んで今日の親鸞様のご命日の法要は「讃仏偈」と「重誓偈」を大きな声で皆さんとお勤めいたしました。ありがたいことです。

さて、住職講座とお勤めも終わり、第2部は特別出前講座です。「もっとしりたい認知症」ということで、江別第一包括支援センターの長田さんにおこしいただき、お話ししていただきました。

「認知症」は人ごとではない、私のことであり、それをどうやってかからないようにするのかではなく、「先延ばし」出来るかというお話しでした。老化は20才を超えると始まっているそうです。いったん発達した知的機能が低下し生活に支障が出てくるそうです。

そして皆さんで足踏み体操を教えていただき、体を動かすことの大切さ、お寺に参詣することや、おつとめすることもとってもいいと、お話しいただきました。とってもいい勉強になりました。長田さんありがとうございました。是非またご縁をいただきたいと思います。

親鸞様のお誕生をお祝いして

5月に入り、例年よりも早く境内の桜も開花しました。本堂の横にあるエゾヤマザクラは五分咲き、山門並びにある濃い色のエゾヤマザクラはようやく開花しました。明日から雨の予報ですが、週末頃が見頃になるでしょう。シバザクラも綺麗に咲き始めました。

さて4月22日(日)、初参式も賑々しく終わり午後1時より親鸞様のお誕生をお祝いする宗祖降誕会が修行されました。親鸞聖人は承安3(1173)年4月1日(新暦5月21日)に京都でお誕生になられました。親鸞聖人がお誕生されたからこそ、私達は今日お念仏をいただくことが出来ると言っても過言ではありません。そのお誕生を皆様とご一緒においわいするご法要です。来る2023年には宗祖誕生850回慶讃法要も予定されています。

ご法要は、昨年の12月婦人会100年法要でもおこなわれた音楽法要重誓偈作法を、皆さんとご一緒にお勤めしました。このご法要にはご法話の御講師でもある山本徹淨師にもご出勤いただき、オルガンの伴奏の中、賑々しくおつとめしました。

ご法要が終了し、門信徒の集いがおこなわれ、住職と安孫子総代より平素からのご参詣と護持会費納入の御礼を申し上げました。その後、スタンプラリーの表彰式がおこなわれました。

先ずは昨年はじめて札幌組で行われた、報恩講スタンプラリーで参加された100名の中で、1番目と2番目に多く御寺院の報恩講に参拝されたということで、北喜伸博さんと萩原芳昭さんに、札幌組組長より表彰状と記念品が贈呈されました。このお二人はこの4月に札幌組の連続研修会(12回)を終了され、5月に京都本願寺にておこなわれる中央教習(4日間)を受講される予定です。今後とも聴聞に励んでいただきたいと思います。

続いて眞願寺スタンプラリーの表彰式では、まず金賞(30座以上参詣)の受賞者に住職よりそれぞれバッチを式章に授与され、総代さんより記念品が贈られました。今年の金賞は昨年よりお一人多くなって19名です。皆さん本当によくご参詣くださいました。

引き続き銀賞(20座以上)の方17名にバッチと記念品が、銅賞(10座)以上の方20名にバッチと記念品が贈られました。たくさんの方が参加いただき、56名の方が受賞されました。参加された多くの皆さんに感謝します。今年も一人でも多くの方に参加していただければと思います。

集いも終わり、山本徹淨師のご法話をいただきました。今年も素晴らしい歌を交えつつ、お話しいただきました。先ずは親鸞聖人の和讃「無明長夜の燈炬なり」「南無阿弥陀仏をとなうれば」「本願力にあいぬれば」などをご自身で曲にされ歌われ、お話しがはじまりました。

また、「ひかりあふれて」を皆さんとご一緒に歌いつつ、そのお味わいをお話しくださり、経典に出てくところからお話しくださいました。

あっという間の一時間のご法話も終わり、降誕会も終了しました。参拝された皆様、ありがとうございました。

賑々しく初参式

22日は天候にも恵まれて、境内に幕をかけ、親鸞聖人石像にもお花を飾りました。婦人会役員皆さんも、お斎の準備にご奉仕くださいました。

11時には受式者6名の赤ちゃんが、ご家族と一緒に参集されて、ご本堂に座っていただきました。これが中々静かにはなりませんでしたが、そこが初参式らしくって、賑やかでいいですね。

法要が始まり、導師より受式された6名の名前が読み上げられ、阿弥陀如来に受式者と家族が、いのちの尊さに感謝し、浄土真宗の生活信条を元に、生き抜かさせていただくことを、奉告されました。

お勤め中に、それぞれ家族ごとにお焼香をされ、和やかな中にも、多くのご先祖をご縁に、授かったこの子のいのちをご奉告されました。

住職より「初参式のご消息」が拝読され、ご法話がありました。授かったいのちの尊さと、ゆりかごからお浄土まで、仏前で儀式をおこなう大切さを、話しました。そして記念品の授与。それぞれ名前をよばられ、合掌人形・初参式のアルバムや坊守からお母さんへの記念品など、思いでにのこるものが授与されました。

最後に記念写真。中々受式者がそろうまで時間がかかりましたが、何とかとれたようです。

それぞれの家族でも写真を撮り、お斎となりました。子供のいのちが誕生したことは、家族でなくてもうれしい事です。

この子供たちに、よりよい社会を、お念仏のみ教えを残し伝えてゆく大きな仕事がある事を感じつつ、「おめでとうございます」とお慶び申し上げました。

三寒四温 春の永代経勤まる

14日より16日の三日間、今日までご苦労いただいた先達の方々に感謝しつつ、ご参詣くださった方々とご一緒に浄土三部経を拝読し、ご法話を聴聞させていただきました。

「このお寺からお念仏の声が途絶えないように」「私達の子や孫の世代まで、み教えが伝わりますように」との御懇念をお納めいただくのが永代経懇志です。眞願寺は130年の歴史の中で、多くの先達の方々がご往生された方を偲びつつ、御懇念を御進納いただきました。

そのご縁を大切に記したものが「永代経掛軸」「永代経進納帳」です。平素は須弥壇(阿弥陀如来の足元)内に納められていますが、この三日間は向かって左余間に奉献し、お勤めしています。

今日、この素晴らしい環境の眞願寺本堂で読経し聴聞出来るのも、ご苦労いただいた多くの方々のお陰と感謝しつつ、私達の後世に受け継ぐべく志を新たにした三日間でした。

16日には開闢法要を併修し、新たに進納された方に代表焼香していただき、法要後別室にて住職より御礼のご挨拶と、記念品の授与式が行われました。坊守よりお茶と菓子の接待の中、和やかな一時を過ごしていただきました。

三日間のご法話は斜里町より林川渉師におこしいただき、プロジェクターをご持参、パワーポイントで親鸞聖人の御生涯より、お念仏のみ教えをゆっくりとわかりやすく、お話しいただきました。

三寒四温と申しますが、本堂の階段脇になごり雪が日に日に小さくなってきています。クロッカスやユキワリソウも満開ですね。そんな春の日差しのようにあたたかな思いにさせていただいた三日間でした。

皆さんで おしゃかさま、おめでとう!

9日午前1時半ごろ、島根県で最大震度5強の地震があり、中国地方を中心に広い範囲で揺れたようです。お寺などの古い建物では、被害も出てたようです。心よりお見舞い申し上げます。

 さて、花祭り前の5日、境内の雪囲いをはずす作業が行われました。門信徒の有志のご奉仕で、きれいにかたづけてくださいました。きっとしめられていた樹木も、解放されて春の風を受け、喜んでいることでしょう。

8日の朝境内は雪で真っ白になっていましたが、次第に暖かくなり、日もさすようになったので、予定通り山門にはな御堂を御安置しました。

午前9時より午後5時まで、道を行く人も足を止めてごらんなったり、甘茶をかけてお祝いし、手をあわせておられました。

総合玄関には、甘茶コーナーを設置して、婦人会の役員さんが接待のご奉仕をいただきました。仏事相談も随時行われていました。

午後1時よりはな御堂をご本堂に遷座し、釈尊降誕会の法要が行われ、門信徒に限らず、はじめて参拝された方もおられる中、「讃仏偈」のお勤めをしました。

法要後ご法話は住職が担当し、お釈迦様が「天上天下唯我独尊」と申されたその意味と「独」の一字から味わう私の本当の姿は、「孤独」である事を、お伝えしました。

今年もまんまる新聞などのお陰で、たくさんの方がお寺に足を運んでいただきました。今後も開けたお寺になるよう、勤めていきたいと思います。