門信徒の皆様から」カテゴリーアーカイブ

8月13日〜15日 午前7時 晨朝勤行

晨朝勤行と凡夫のたわごと
 今年も、お盆の3日間晨朝勤行にお寺へ行って来ました。
 思い出したように時々にしかお寺に行かないが、晨朝勤行は毎年顔を出すのは何かあるのですかと聞かれたことがあります。
 今回の晨朝勤行も住職さんの法話がありました。一日目は「人生そのものの問い」二日目は「凡夫」三日目は「真実の教え」についてでありました。日々の自分の姿を見ていると、法話の凡夫そのもので、反省と後悔を繰り返しています。
 三日目の法話で「求不得苦」のお話しを聞き、仏教のある教えを聞いた事を思い出しました。

〈これ〉があるとき 〈これ〉がある
〈これ〉がないとき 〈これ〉がない

 今の私の場合、がある・がないの〈これ〉を〈反省・後悔〉と置き換えてみると、頭の〈これ〉は何に置き換えたらよいのかと考えたことがありましたが、自分なりの答えを見いだすことなく今に至っていることを思い法話を聞いていました。
 日々心が乱れた状況の多い生活の中、少しでも穏やかな気持ちで一日を過ごすすべはないかと考えた時、毎朝「正信偈」を唱えて一日を始めれば少しは違うのではと考えた事がありました。
 しかし、よい考えかもしれないが、それは大変困難で、私には不可能な事であることはすぐ理解することができ諦めました。凡夫ゆえ諦めたとたんに、そのような事を考えたことも忘れ、前と変わらぬ生活を送っていました。
 それでも、時々〈これ〉を思い出すと同時に心を穏やかに過ごすすべはないかと考えることがありました。
 そんなとき、お盆の晨朝勤行と出会い三日間なら私にでもできるのではと、晨朝勤行をお盆の三日間に集約する言い訳みたいな妥協案を自分に言い聞かせて通い始め今日に至っています。
 動機や経過がなんであれ、三日間無心に勤めながら、少しでも縁起等について考えて見るのは良い事だと自分に都合のよい“たわごと”を呟きながら今年もお勤めさせていただきました。
南無阿弥陀仏

釋 縁 顕(髙間 満昭)




姉妹で西本願寺に参拝

山下 眞理子(当別町)

 「京都に行くならぜひ本願寺へ行ってらっしゃいよ。」
 十数年振りに姉と二人で京都に行くことになった。ご住職が昨年のお盆に我が家にお越しいただいた際、それとなく本願寺の話をしてみたら、そのような返答。久々の京都なので、調べれば行きたい所はたくさんありそうだけれども、折角だから住職の言葉に乗っかってみようということになった。
「そこに行けば何かいいことがあるらしい。」
 姉は数日前より京都の別の場所で観光しており、京都駅で私と合流して、そこから徒歩圏内に西本願寺はあった。
 門をくぐると樹齢約400年の大きな銀杏の木が左右に立派に手を広げており、暫く二人でみとれる。
 まずは寺務所へ行き、今回の目的である我が家の永代経開闢法要の手続きをする。我が家の仏壇から持参した祖父の院号を包みから開いて、差し出そうとしたそのとき、「ない!」口あんぐり。持ってきたはずの院号が入ってなかったのである。まさか、そんな…。
 「カタカタカタ…あの、お調べできますよ。」
 「え!…はぁ。確か○○院だったと思います。」
 「…カタカタ、眞願寺さんですね。はい、すでに永代経ご懇志を進納されておりますね。そのほかに貴家様では…この方も、この方も、もうすでに永代経ご懇志進納お済みの方が何名様もいらっしゃいますね。あのよろしかったら、ほかのご家族もお誘い合わせで後日に開闢法要に会われてたらいかがでしょうか。きちんとご接待させていただきますが。」
 「!!!」
 …接待とはなんぞや…と、迫力のある巨大な木造建築の御影堂と阿弥陀堂を繋ぐ渡り廊下を歩きながら、9月も残暑厳しい京都にいて、一気に汗が吹き出した2人でした。
 2日後そのときを迎え、私たちは阿弥陀堂にて荘厳な雰囲気の中、参拝させていただき、法話そして雅楽の演奏までもあるご法要をありがたく頂戴した。
 西本願寺は境内にある建築物のほとんどが国宝か重要文化財であり、立派なものばかりでありながら、非常に開けた場所で自由に観光客も地元の門徒も行き来している。
 かと思えば、数百人規模の地方の門徒集団がたすきを掛けて、お堂の清掃に勤しんでおられる姿も見られた。そんな中、読経がごく自然に聞こえてくる、そんな場所であった。
 その後、担当の方より事務所奥の間へと誘導され、待ちに待ったお斎のご接待を受けることに。台風が近づいてるとのことで、いつもなら離れの飛雲閣に通されるところ、その日は菊の間(国宝)での接待であった。ほの明るい菊の間にはすでにひとりひとりのお膳が準備されていた。  炊き合わせ、ごま豆腐、煮物、吸い物など、椀に美しく盛られておりすでに感激していたが、皆揃って感謝の心で「いただきます。」と言いほおばると、料理ごとに溜め息が出るほど感動的に美味しい。
 丹精込めて作ったであろう料理番の方に思いを馳せながら、有難く幸せを噛み締めながら味わう。そして、食後にはお抹茶を和菓子とともに。
 十分に満足感で胸とお腹がいっぱいであったが、更に担当の方から菊の間をはじめ、内部を丁寧に説明していただきながら見学となり、歴史を感じさせるくすんだ金色も豪華絢爛な天井画や襖絵の数々、秀吉の謁見の場として利用されていた間など貴重なものを拝観させていただき、誠にありがたく感激ばかりの時間でした。
 帰りに、銘菓「松風」を持ち、まだ見ぬ西本願寺の全貌を横目に、夢心地で西本願寺を後にした私たちでした。
 考えてみれば、ご先祖様も生前、西本願寺に行きたいと願われていたかもしれない。ご住職とご先祖様のお導きにより思いを渡されたこの機会だったと、ただご先祖様に感謝の気持ちであった。 また心残りを作り、戻ってこれることを思いながらの京都西本願寺の旅でした。

両親の葬儀を終えて

岸田隆志

25-01 父母の晩年は、岩見沢の施設で過ごし、年に数回の自宅への里帰りを繰り返していました。
私が転勤をした年の5月連休中、父の姉が亡くなり、かなりの無理を承知で函館まで連れて行くことができました。この年の6月に父が急逝しました。
 妻・姉には面倒をかけ、遠距離のために死に目には間に合わず、電話での連絡に看取ってくれた妻に「ありがとう」としか言えなかったのを今でも覚えています。仕事一筋で几帳面であったその部分は、受け継いでいるのかもしれないと最近思うこともあります。
 今年の転勤から1ケ月が経ち、入院していた母が退院するとのことで安心して仕事先に戻りました。しかし、再入院の話から再び急逝の知らせが届きました。全く予期していず、明け方の道路を運転して実家に戻りました。再び死に目には会えませんでした。
 私の子供たちは、遠方から皆葬儀に駆けつけてくれました。嬉しいことでした。母の葬儀には間に合わなかったものの娘夫婦が来てくれ、期せずして孫娘との再会を果たすことができました。その後、娘と孫娘は四十九日を過ぎるまで滞在してくれ、毎週末勤務先から実家までの帰り道が楽しみへと変わりました。
 様々な手続きは、皆の協力で短時間で済ませることができました。両親の生前の所業が、弔問客によってうかがい知ることができました。懐かしい名前がいくつも綴られていました。たくさんの人の世話をしていたであろう知人・親族等ご縁いただいた方々が、私たちへの恩恵となったのだと思います。私の幼少時の記憶もたくさんよみがえってきましたが、親となり祖父となり、初めて親が抱いたであろうその時々の気持ちの変化が鮮明に理解できるようになりました。
 多くの感謝の気持ちを持ち、次世代を見守っていきたいと願い、健康で生きることを尊び、両親にも感謝の念を持って、今後の人生を歩んでいこうと思います。

門徒文芸欄

家郷隆文先生『阿仏尼』を粛粛と講じたりき今にして知る沙門であること
拾ひたる流木埴輪のかたちして小さな窪み胸乳にも似つ
今われの心幼しミキハウスに赤ちゃんの靴下選びてをりぬ
ほころべる夫の布袍の身八口つ口閂止(かんぬきど)めでなおしてやりぬ
お寺より戻れる夫は布袍のまま犬小屋に犬の頭をなでゐたり

鈴木紀子


通話のみのきのうのあればそれでよし檀家詣りの老いのケイタイ
淀みなく浄土を説けぬが当たり前きみは二十(はたち)の住職候補
くじ順に撞きゆく除夜の鐘なれば四囲に流れる響きのまだら
教会の葬列にゐて異教徒は念仏ひとつ心に称ふ
わが知らぬ母のことなど聞かされてお斎(とき)の席の産土(うぶすな)ことば
ふる里の手次の寺の忌に集ふ血縁遠き老い懐かしむ
この味に勝るものなし倅よりの清酒『景虎(かげとら)』今宵飲み干す
石狩の野を走り来て夕景のミュンヘン大橋渡れば住み処(すみか)

鈴木彰


************

※皆様の文芸、心よりお待ち申し上げます(響編集局)

いのちに出会って

 平成28年1月、第二子である長男を出産しました。当日の朝から兆候があり、旦那に一緒にいてもらい病院に入りました。1歳半の長女も実母が1週間前からきてくれていたので安心。とても恵まれた状況でした。
 とても早くて安産だったとはいえ痛みで助産師さんの言うことは聞けない、旦那にはベッドに乗って押さえつけてもらう等周りにとても助けられた出産になりました。それでも、出てきた我が子を抱くと痛みなんて吹き飛びました。
 私には年子で弟がいました。そのためもあってか、子供は2人欲しいなぁ、年子だったらいいなぁと思っていたので、無事出産できてとても幸せです。
 予定日が1月の中旬すぎになることは妊娠がわかった時点で気付いていました。亡くなった弟の誕生日に近くなることが..。結果、生まれてきた日は弟と1日違いの1月21日。
 毎年、弟の誕生日を思い出して息子の誕生日も祝えると思うとなにか巡り合わせがあるのかなと感慨深くなります。
 20年前は亡くなった命にただ泣くことしか出来なかったのに、自分が命を育てる親になれる日が来るなんて、2人目の出産を思い返してさらにありがたいことだと思う毎日です。

加藤有香

03-01