知ってますか」カテゴリーアーカイブ

本願寺 廣如上人と明如上人

廣如上人

寛政10年(1798)にご誕生されました。文政9年(1826)に本如上人ご往生のあとを承け28歳で本願寺の法灯をご継職されました。
上人はそれより45年間寺務を執られましたが、当時は幕末・維新期にあたり、天皇中心主義の神道・排仏論が推進され、佛法衰退の危機にありました。上人はその神道国教政策・廃佛政策の逆風のなか、近代教団の歩むべき道を模索されました。

また上人がご継職された当時の日本は、西洋の諸外国が開国を求めるなど、国際関係が緊張した状態にあり、また、幕府や諸藩は経済的にも貧窮しており、内外問わず混沌とした社会状況でありました。
当時の宗門の財政も貧窮しており、莫大な借財を抱えていました。このような状況より、上人は本願寺の財政改革に着手され、そのために大坂商人の石田敬起氏を起用し、本山においては倹約を励行し、門末においては信仰の繁盛を進められ、懇志募財のほか、現在の賦課金(ふかきん)にあたる三季冥加制度(さんきみょうがせいど)などを創設されました。
その結果、財政の回復に成果が見られましたが、借財の完済には明治10年(1877)頃までかかりました。
一方、上人は勤式に関して、それまで正信偈の節譜(唱読法)が十種類唱えられていたものを、真譜・墨譜・中拍子・草譜・舌々行の五種類に改訂されました。なお、正信偈の節譜はその後、第23代勝如上人の時、真譜・行譜・草譜の三種に改訂され、現在に至っています。上人は明治4年8月19日(旧暦)、73歳でご往生されました。

明如上人

嘉永3年(1850)、第20代廣如上人のご子息としてご誕生されました。
明治4年に廣如上人ご往生の後を承け、22歳で本願寺第21代の法灯をご継職されました。
当時の日本社会は明治政府により神道が国教として定められ、祭政一致の国家政策がなされた時代でありました。その明治政府の政策のもと、国民に対して尊皇愛国思想の教化(大教宣布)をするための機関として「大教院」が設置され、その教導職として政府は明如上人に「大教正」を任命しました。しかし上人は学僧島地黙雷(しまじもくらい)師らとともに本願寺教団の大教院離脱運動を展開しました。
その後、政府が政教分離の方針を取ったため、明治8年に大教院は廃止されました。
上人は近代社会への変動に対応した教団再編成を図り、宗門の一層の発展のため本願寺事務所を築地本願寺御坊に移すことを計画されました。
しかしこの問題は教団内のみならず、京都府知事まで巻き込んだ大騒動となり計画は中止となりました。また、明治14年(1881)帝国議会の開設より10年早く、日本初の選挙制による宗門運営の議会制度「集会」(=宗会)が開設されました。
また上人は、学校制度の改革、有望な若手僧侶の欧州派遣、海外開教、刑務教誨、軍隊布教、各種財団の設立など、新しい時代に対応した教団の発展に努められました。
上人のご在職は32年間におよびましたが、明治36年1月18日 54歳にて浄土へご往生されました。

住職より20の問い 第11問~第20問

平成21年8月15日眞願寺初盆会の住職法話「別れを縁として」の中で皆様に問題が出されました。20問全問正解は3名の方でした。皆さんはいくつお答えできるでしょうか。さあ、挑戦してみてください。2回にわけて10問ずつお聞きします。すべて○か×でお答えください。
第1問~第10問はこちらです。

仏壇関係

  1. お仏壇はその家から死者が出なければ必要ない。
  2. お仏壇を購入し入佛式をする時は、日取り・お日柄をよく考えなければならない。
  3. お仏壇を置く場所は、北向きに置いてはいけない。
  4. お仏壇にお供えする物は、すべてご先祖にたむけるためのものである。
  5. お仏壇の中に写真をかざってはいけないが、仏壇の上であれば問題ない。
  6. お仏壇と同じ部屋には神棚は飾ってはいけないが、違う部屋であれば問題ない。
  7. お仏壇には水をお供えしてはいけない。
  8. お仏壇には葬儀で使った白木の位牌は飾らないが、黒塗りや金箔の位牌なら問題ない。
  9. そのお仏壇には、その家の先祖以外の方の法名等をかざってはいけない。
  10. お仏壇はその家の先祖代々の方をまつる為にある。

さあ、何問できましたか?普段からのお聴聞が大切です。お寺ではこのようなことについても皆様とともに学びを深めております。是非行事等にお越し下さいませ。

住職より20の問い 第1問~第10問

平成21年8月15日眞願寺初盆会の住職法話「別れを縁として」の中で皆様に問題が出されました。20問全問正解は3名の方でした。皆さんはいくつお答えできるでしょうか。さあ、挑戦してみてください。2回にわけて10問ずつお聞きします。すべて○か×でお答えください。
第11問~第20問はこちらです。

葬儀関係

  1. 葬儀は亡くなった大切な方を弔い、冥福を祈る為に行う。
  2. 家族が亡くなったら、先ずは葬儀会社に連絡し、葬儀会場などをすべて相談し、会場など日取りを決めてからてから、お寺に連絡する。
  3. 葬儀は、亡き方への思いを表し、できるだけ生花などではなやかに飾り、斎場などで行うのがよい
  4. 友引に葬儀をすると友が死の世界へ引かれるので、「友引」をさけて行わなければならない。
  5. 死の世界へ引き返すことになるから、火葬場への往復は同じ道を通ってはいけない。
  6. 火葬場で収骨までの時間は、お清めとして、お酒を少しでも口にしなければならない。
  7. 火葬場で収骨の時は、二人ひと組になって箸でひとつのお骨をつまみ納めなければならない。
  8. 中陰中、亡き方はまだ成佛せずに霊魂として、家の近辺におられるので、灯明や線香を絶やさないで、家を留守にしてはならない。
  9. その年に葬儀を出した家族は喪中なので、翌年の年賀の挨拶はひかえなければならない。
  10. 身内の葬儀は、できればあってほしくないことだけに、とても縁起悪いことであり、「不幸があった」ともいう。

さあ、何問できましたか?普段からのお聴聞が大切です。お寺ではこのようなことについても皆様とともに学びを深めております。是非行事等にお越し下さいませ。

子が生まれたらお寺へ参拝しよう(初参式)

初参式赤ちゃんの誕生は、両親や家族にとって何ものにも代えがたい慶びの一つでしょう。人としてこの世に生を受けることは極めて得難いことであり、不思議としか言いようがありません。

このかけがえのない『いのち』がすくすくと育ってくれるように、また人間に生まれた慶びをかみしめつつ人生を力強く歩んでくれるようにと、親なら誰もが願うところです。

そうした我が子の人生の出発に当たって、けっして崩れることのない依り所となり、支えとなって下さる如来様に参拝する式を「初参式(しょさんしき)」といいます。

初参式は、子にとっての人生の始まりの佛縁ですが、同時に親にとっても、親として生きる出発点であり、子によって与えられた尊い佛縁です。

初参式で記念撮影世間では、子が生まれて1ヶ月ほどたつと『お宮参り』といって神社へお参りする人が多いようですが、残念ながらお寺へお参りする人は限られているのが現状です。日頃「私は門徒です」と言っている方でも、なかなかお寺に参って来て下さいません。これはどうしたことなのでしょうか。「死に関わる悲しみごとがお寺で、お祝い事はお宮さん」という意識が、人びとのこころ奥深くまで浸透している現実に改めて驚かされます。結局、ご門徒一人一人が聞法に励み、如来様の深いお慈悲の心に触れることによって自らの人生に目覚めて頂く以外にはないのでしょう。

ともあれ、『死』が大きな佛縁となるのと同様に『生』もまた尊い大きな佛縁となるのです。どうか初参式を人生にとっての大切な儀式だと心得て頂きますように。

尚、眞願寺の初参式は毎年4月の親鸞聖人のお誕生をお祝いする「宗祖降誕会」の日に行っております。満1歳ぐらいまでのお子さんを対象に、毎年募集しています。記念品とお斎(食事)をさしあげております。是非ご家族皆様で、お祝いの儀式においで下さい。

誰のためのお経? ~読経の意味~

あるご法事にお参りした時のことです。お母様の七回忌ということでしたが、お勤めを始める直前になって、施主さんから「おやじの供養もしたいので、おやじの分のお経も上げてやって下さい」と言われたのです。「おやじの分と言われても、お経はそんな意味であげるのではないのですよ」とご説明したのですが、どうも通じなかったようです。

またこんなことを言う方もありました。「父の命日にはお寺さんにお参りしてもらっていていいのですが、祖父の命日には参ってもらっていません。おじいちゃん、かわいそうじゃないですか…?」どうやら、これらの方は「お経は先祖のために上げる」と、思っているようです。《故人に対して読経の功徳をさし向ける》という認識です。

しかし、浄土真宗で行う読経はそうした故人への《追善回向(ついぜんえこう)》ではありません。阿弥陀如来のお徳を讃え(佛徳讃嘆・ぶっとくさんだん)そのご恩に感謝する(報恩感謝・ほうおんかんしゃ)行為なのです。

法事でよくお勤めされるのは《佛説無量寿経・ぶっせつむりょうじゅきょう》上下巻、《佛説観無量寿経・ぶっせつかんむりょうじゅきょう》、《佛説阿弥陀経・ぶっせつあみだきょう》からなる『浄土三部経』で、浄土真宗のみ教えの根源となる大切なお経です。いずれもお釈迦様が《阿弥陀如来の間違いのないお念佛を信じて救われてくれ》と、私たち凡夫にお説き下さったものであり、『正信偈(しょうしんげ)』など他のお聖教も阿弥陀如来のお救いを讃えてあるものです。

したがって、「お経を上げる」ということは、ほかならぬ私たち自身がお念仏のみ教えを聞き慶ぶことであり、阿弥陀如来様のお徳を讃えてそのご恩に感謝することであるのです。「誰それの為の読経」というようなことではなく、『故人を縁として、私自身がいただく読経』といえるでしょう。