眞願寺で行われた行事」カテゴリーアーカイブ

秋初穂感謝法要 12月3日

北陸から北日本と全国的に荒れた天気になっています。昨日(11日)は暖気になり、雪が溶けて道路はひどい状態でしたが、今日からまた雪になってきました。12月12日、今日は愚息の誕生日。思い出しますね。あの日を。

さて、3日は恒例の秋初穂感謝法要がありました。前日の婦人会100年記念法要の疲れもありましたが、多くの皆さんとご一緒にお勤めさせていただきました。お飾りはせっかく綺麗に飾られた花飾りがありましたので、そのままで法要をお迎えし、ご法話終了後に参拝の皆さんにお花をお持ち帰りいただきました。

野菜、特に葉物が高騰していますね。天候不順もあるのでしょう。スーパーでは白菜の4分の1カットが140円、水菜が380円。。。お鍋の季節ですが手が出なくなってきました。なるべく安いお店を探してと思いますが、どこもあまりかわらないようですね。お米や小麦も段々と値上げしてきました。そんな昨今ではありますが、平素は味の濃淡を問うたり、好き嫌い・新鮮古いと、なにかと不平不満が先に出て、心から食の感謝できない私ですが、年に一度そんな私の姿を見つめ直すご法要でもあると思います。

「食前・食後の言葉」をよく申し上げますが、覚えることが優先して、本当に実践しているかと、我をふり返ることです。「多くのいのちと皆様のおかげによりこのごちそうをめぐまれました。深くご恩を喜びありがたくいただきます」「尊いお恵みをおいしくいただき、ますますご恩報謝につとめます。おかげでごちそうさまでした。」もう一度学んでみたいと思います。

ご法要には、上納いただいた新米を奉献し、皆さんご一緒に阿弥陀経をお勤めしました。御法話は深川納内町轡田光章師に親鸞聖人のご和讃をわかりやすくおひもときいただきました。お陰様でと感謝しお念仏申し、年末の一日一日を過ごしましょう。

そういえば、眞願寺の「プー子」も2歳です。(推定ですが笑笑)

 

お陰様で婦人会100年をお祝いして②

ご法要も終わり、会場を広間に移動していただき、式典と祝賀会が行われました。130名を超えるご来賓と参加者だっただけに、会場も手狭となり、廊下やロビーまで広げての開催となりました。

司会は役員の月田さんが担当され、午後1時に開式の辞から始まりました。先ずは「仏教婦人会綱領」を役員の河合さんが調声され、皆さんご一緒に唱和しました。

会長(実行委員長)の式辞では、お陰様で100年という記念すべきご縁をいただいた感謝の言葉、安楽寺様にはご住職の記念法話はじめシャンティの素晴らしい歌を披露してくださったこと、院内の各役員皆様がご臨席いただいた御礼、そして当会も年々会員の減少と高齢化していく現状ではあるが、新たな会員の入会や未来に向かって会のあり方も、ご住職はじめ皆様のご指導のもと、会員同士で話し合っていきたいと、ご挨拶されました。

眞願寺への記念品として立経卓二台を寄贈いただきました。これで昨年壮年会20周年で寄贈されたものとあわせて四台となり、内陣でお揃いで使用できるようになり、ありがたいことです。ご協力いただいた奥山仏具店様にも御礼申し上げます。

また、この度の100年を記念して、会員式章を新たにさせていただきました。眞願寺開教125周年で制作したイチョウをイメージしたオリジナルのものを色を変えて作りました。ご協力くださった川勝法衣店様に御礼申し上げます。いいですねーと皆さんより好評をいただきました。

ご本山より連盟総裁大谷流豆美様より表彰状を札幌組副委員長横湯誓之様より、総裁様のご祝辞を相焼香安楽寺様の坊守横湯瓔子様よりそれぞれ伝達いただきました。

住職の祝辞では、この度の行事では何から何まで安楽寺様にお世話になった御礼、ご法要では会員の皆さん全員が参加されるご法要に坊守の導師という新たな試みがとてもよかったこと、そして100年の歴史を顧みつつ、ご本堂余間に奉献されていた会員物故者のご苦労と熱意があったからこその今日であること、そして未来へ向けて益々出来ることを役員さんと語り合いつつ、歩んでいくことを申し上げました。

髙間責任役員の祝辞でも、初代会長の石崎ヨシさん以来お寺にとってなくてはならない婦人会の皆さんが、日夜お寺に通いご奉仕いただいたからこそ、今日の眞願寺がある。これからも是非とも会員皆さんのご協力とお念仏がひとりでも多くの方に広まっていくことをお願いされました。

祝電と祝儀のご披露があり、式典は終わり引き続き祝賀会となりました。冒頭のご挨拶と乾杯を壮年会会長の徳永俊司さんより、「開教135年という眞願寺の歴史の中で、開教30年頃の、まだ大変な時代にこの会を作られたご苦労は、計り知ることは出来ないが、眞願寺護持発展の為、そしてお念仏繁盛の為に心血をそそいでくださったのでしょう」とご挨拶いただき、乾杯しました。

笑顔あふれつつ和やかな中に宴もすすみ、テーブルスピーチをいただきました。安楽寺総代の粟井幸子さん、眞願寺総代の木村弘さんはじめ、歴代会長の髙間美喜子さん、安孫子泰子さん、法務員代表で鈴木彰さん、前坊守より懐かしい話や想いでを語っていただきました。



 

 

 

最後に住職より会員の中で100歳で出席されている進藤ときさんを紹介され、会場より割れんばかりの拍手をいただかれました。

宴も酣となり、最後は坊守より締めのご挨拶と乾杯で、発会創立当初は当寺の坊守が会長を兼務していた事を紹介し、あったこともない曾祖母のご苦労と実行委員会皆さんの労に感謝しつつ、杯を上げました。

午後3時、天候も落ち着いた中、参集いただいた皆さんをお見送りしました。ともに盛会であったことを喜びつつ、なごやかにお茶をいただきました。

希有のご法要に感謝し、尊い一日が暮れゆきました。合掌

追記

前日の準備作業・献花と法要・式典祝賀会・それぞれの習礼と、皆さん一生懸命に作業していただきました。そのご苦労とご尽力にただ頭下がるばかりです。ありがとうございました。

 

お陰様で婦人会100年をお祝いして①

12月2日、心配されたお天気でしたが、寒さはあったものの江別は雪も降らずに、落ち着いた日になりました。9時には実行委員会の皆さんが集まり、最終の打合せをし集合写真をとり、いよいよお出迎えの準備です。

10時より受付が始まりました。御来賓の総代さん、壮年会の役員さん、地区世話人さん、そして安楽寺の皆さんと、たくさんの方々、そして会員皆さんも参集くださいました。

 

いよいよご法要です。「全員参加型法要」と言うことで、一ヶ月前の常例法座で練習、そして準備を重ねてこの日をお迎えしました。司会の黒田さんから説明があり、ご法要に先だち会員全員による献花が行われました。

正面に準備されたお飾りの花壇に、ひとりひとりのお花が順々にいけられ、やがて綺麗なお花の壇となりました。

中央には五具足とお供物がお供えされました。最後に法要の導師を勤める坊守が献香し、ご一緒に合掌礼拝~ご法要がそのまま始まりました。

この度のご縁では何かとお力添えをいただいた安楽寺様の女声コーラス「シャンティ」の皆さん、指揮の佐藤卓見さん、伴奏の計良通子さんのご協力により、音楽法要~重誓偈作法をお勤めさせていただきました。

婦人会の記念すべき100年のお祝いということで、実行委員会の皆さんとどんなご法要にするか、試行錯誤させていただきました。特に今年6月に行われた全道仏婦大会を思い出しつつ、坊守の導師、そして実行委員皆さんが、それぞれの役割についていただき、すべての会員皆さんが参加する形を考えました。皆様のご協力により、感動的なご法要になったと思います。

ご法要に引き続き、安楽寺様の女声コーラス「シャンティ」の皆さんによる演奏をしていただきました。、指揮は佐藤卓見さん、伴奏計良通子さんです。のんのんののさま・親鸞さま・念仏など、仏教讃歌を披露してくださいました。この日のために練習を重ねてくださったのでしょう。女声ならではのすばらしいハーモニーによるコーラスでした。

そして会場の皆さんとご一緒に童謡を歌ってくださいました。~うさぎおいしかの山~こぶな釣りしかの川~。遠くに思いを寄せつつ心暖まる一時でした。本当にありがとうございました。

休憩をはさみ記念法話です。安楽寺様ご住職横湯誓之師に、ご出向いただきました。相焼香寺院ということや、札幌組執行部でも組長・副委員長というご縁もあり、何から何までお世話になりました。ご法話では、先代ご住職横湯徹之師が龍谷大学男声合唱団でご活躍されたこと、そのご縁から本日指揮された佐藤卓見さんも同じ合唱団に入られていたことなどを通し、仏教讃歌のすばらしさをお話しくださいました。そしてご和讃「たとい大千世界にみてらん火をもすぎゆきて」をひかれ、お念仏を頂戴しともにお浄土への道を歩まさせていただくことを皆さんとご一緒に聴聞いたしました。

 

いきなり35センチ降雪 永代経を終えて

14日より3日間、秋季永代経が行われました。その間もぱらぱら降っていましたが、19日はどか雪なり、境内もいきなり冬景色となりました。皆さん除雪作業、お疲れ様です。短めの長靴も埋まるほどで、ナナカマドの実も雪帽子をかぶりました。

さて、秋の永代経はたくさんの御門とに参詣いただきました。三日間ということで、初日は無量寿経、二日目は観無量寿経、三日目は阿弥陀経で開闢法要として修行しました。毎日、ご門徒皆さんとご一緒に大きな声でお勤めし、多くのご懇念いただいたご先達に感謝し、益々子や孫へとこのお寺が、お念仏のみ教えが受け継がれるよう願いつつ、尊いご縁を過ごしました。

三日間のご法話は、八雲町西教寺住職吉村善充師にお取り次ぎいただきました。ご和讃の「本願力にあいぬれば むなしくすぐる人ぞなき」より、ご本願にいだかれている私であり、確かなる未来「お浄土」ヘの日々をこれからも過ごしていきたいと、皆さんと聞かさせていただきました。

法要中三日間、門信徒による眞願寺写真展をご本堂で開催させていただきました。今回は試行ということもあり、住職より四名の方にお願いし、テーマを「動物」として4枚ずつ展示しました。

毎座毎座、休憩時間になると皆さん興味津々とご覧になり、それぞれの動物の特徴や自然の中で力強く生きている「いのち」を感じながら、「とてもいいですね~」「是非これからもしてください」「しばらく、展示されたらどうですか~」など、とても好評な感想を皆さんからちょうだいしました。そんなご意見もあり、1月の総会まではこのまま展示しておこうと思っております。ご協力頂いた宮﨑廣夫さん、原利之さん、田島隆志さん、そして花岡勝美さん、ありがとうございました。

三日目は開闢法要を併修し修行されました。今年の春より半年間御進納された方のご家族に参拝・焼香をいただきました。法要後、別室で住職より御礼のご挨拶、記念品の贈呈と茶席が設けられ、これからも参詣と聴聞をお願いし、懇親の一時を過ごしました。

 



ご参詣くださった多くの方に感謝申し上げます。眞願寺の次の行事は、12月2日婦人会100年記念法要、12月3日秋初穂感謝法要です。

秋の行事 ⑤ 報恩講 満座 そして得度奉告法要

早11月を迎えました。30日は台風の影響もあり、江別市でも遅く雪が降り、風も強い日となりました。綺麗だった紅葉も吹き飛んで、落葉はきもピークを迎えてきました。新調した竹箒、なかなかいいです。笑。

そんな中、24日は婦人会と有志の方により、境内のプランター片付けと落葉はきにご奉仕くださいました。皆さんありがとうございます。これから11月は冬支度の時期ですね。名残惜しい紅葉も最後です。



 

 

 

さて、ひと月前になりましたが報恩講三日目。9月30日は早朝5時半頃より総代さんや壮年会・婦人会役員さん達がお越しいただき、境内清掃・お齊準備にご奉仕いただきました。ありがたいことです。

晨朝勤行は午前7時より、光明寺住職さんの調声により、正信偈六首引和讃は「五十六億七千万」のお勤めでした。早朝より50名の参拝をいただき、今日も朝を迎えさせていただいたことを感謝しつつ、最終日の朝、お念仏申させていただきました。

引き続き「御俗鈔」は恒例で当寺住職が拝読させていただきました。蓮如上人のお言葉を私のことと拝聴し、益々「真実信心・報恩謝徳の御仏事と」報恩講最終日を過ごさせていただこうと、心新たにしました。そして加藤氏の布教をいただきました。

朝のお齊は、恒例の納豆汁とバイキングです。婦人会と当番地区の皆さんが一生懸命に用意していただいたたくさんのお料理を、おいしく頂戴しました。

いよいよ満日中法要です。10分前に本堂横控室に装束つけられ出勤される方がおそろいになり、上山会奉行よりご法要の説明がありました。導師は当寺住職が大逮夜法要の導師された安楽寺住職と同様礼装第一種で出勤です。

10時、行事鐘が鳴り響く中、住職長男の廓成氏が外陣正面に黒衣黄袈裟にてひとり外陣に入堂。この満日中法要の後で本人の得度奉告法要があるので、緊張した面持ちで出勤です。

雅楽の演奏がはじまり、結衆そして導師の入堂。祖師前焼香し登礼盤。親鸞聖人の報恩講にあたってご法要をお勤めする旨、尊前に申し上げ、一同皆さんとご一緒に感無量の思いの中で正信偈のお勤めをさせていただきました。

70名以上の参拝となりましたが、例年大逮夜法要に比べ、少なくなるのが残念です。しかし参拝いただいた皆様には焼香いただき、すばらいい御縁にあっていただけたと思います。

ご法要も終わり、今年は特別にもう一座「得度奉告法要」を有縁のご法中皆さんとお勤めさせていただきました。

外陣正面で調声を廓成氏が、両脇に住職・相焼香の安楽寺住職様そしてご法中みなさんと、讃仏偈をお勤めし、仏祖に得度の奉告をさせていただきました。

法要が終わり「御礼言上」を住職より申し上げました。今年も報恩講をお勤めできた喜びと、明年の報恩講に向かって、明日より門信徒皆様と念仏相続の道を歩みつつ、寺門興隆に努めていく旨を申し上げました。また、今年は春に娘が秋に息子が、それぞれ得度し仏祖にご奉告できたこと、何よりの御縁とありがたく感謝申し上げました。ちょうど10年前の開教125周年の法要テーマであった「未来へ受け継ごうお念仏をこのお寺を」が少しづつ進んでいるとこ、しかしながらまだまだ未熟で愚息故、皆様の叱咤ご指導いただけるよう、お願いし、最後は皆さんご一緒に恩徳讃を唱和しました。

終了後、髙間専造責任役員よりご挨拶と、得度のお祝いとして、門信徒皆様からお祝いの目録をいただきました。長い年月をお勤めいただき、念願であった住職の長男が僧侶になられたことは、とてもありがたいこと、これからもっと学んで、素晴らしい僧侶になり、眞願寺第六世となって欲しいとお言葉をいただきました。

ご法要も終わり、最後のご法話を皆さんご一緒に聴聞させていただき、お陰様で無事終了となりました。

ありがたいことに、役員も皆さん後片付けのご奉仕をしてくださいます。ご本堂はじめ、境内全般、お疲れのことと存じますが、涙が出るほどありがたいです。

最後に布教使の加藤氏をお見送りし、「なおらい」の始まりです。感謝・感謝、反省すべきことも反省しつつ、おいしいビールをいただきました。久しぶりにご夫婦でおいでいただいた内藤さんにもご挨拶いただき、来年は住職に就任されるとのご報告もいただきました。御幸さんも開教使としてブラジルに赴任されたし、御縁いただいた方々からの報告はとてもありがたいことですね。さてさて、息子や娘も・・。