眞願寺で行われた行事」カテゴリーアーカイブ

住職講座、心新たに内陣で法要体験

16日は北海道も集中豪雨が各地であり、小樽などでは浸水の被害もあったようです。江別もお昼頃豪雨なり、ちょうど法座が始まる前だったので、参詣される皆さんも、びしょびしょになられながら、おいでいただきました。

この天候なので、参拝者も少ないかと思いましたが、40名以上の方が参拝いただき、眞願寺でもかつてない試みをさせていただきました。

午後1時より竹澤法務員に説明がありました。普段は僧侶が出勤して着座される内陣の両脇の部屋である両余間に、皆さん着座しご一緒に法要に参加いただく。着座したら、厳粛なる法要なので、私語を慎んで大きな声でお勤めいただく、金箔の柱や仏具などには手で触れないなど。それを聞かれてから皆さん緊張の面持ちで、それぞれ両余間にお座りいただきました。

『かんしょーーはーーーいーー』と合図のあと、行事鐘がすぐそばで打たれ、外陣正面に法務員さんが出勤されました。いよいよご命日法要です。

雅楽の演奏(CD)の中、導師(住職)が登礼盤し、正信偈を皆さんご一緒に大きな声でお勤めいただきました。内陣のすぐ横から、導師の作法をご覧になり、導師の息遣いも聞こえてくる中で法要の体験された皆さんでした。『よかったです。こんな体験、初めてで緊張しました。』『阿弥陀様の姿をはじめて真横から拝見して、感動しました』『住職さんと一緒にお内陣でお勤めできて、とても感動しました。』と、みなさんとてもよかったという感想でした。しかし普段とはちがい、一番緊張したのは住職かもしれません。(笑)

その後の講座の前席では、そのまま両余間にお座り頂き、内陣と両余間のお荘厳を細部にわたって説明がありました。この日は特別に眞願寺法宝物の蓮如上人染筆名号も奉献させていただきました。そして外陣からでは見えにくい部分について、須弥壇の形とその意味や、宮殿と厨子のちがい、戸帳と華鬘・揚巻、そして天井や宮殿の屋根や天蓋など。皆さん興味深く聞いておられました。

後席は、外陣にもどり、報恩講にしか奉献しない御絵伝についてお話ししました。毎年報恩講では遠くにしか見れないので、近くでじっくり見ていただき、御伝鈔との関係など、そしてお得度の図、弁念の図について解説し親鸞聖人のご苦労をともにいただくのが報恩講で、おとり越し報恩講として夏のお盆時期に御家庭に参勤させていただいている旨も、お話ししました。

本来から言えば、不作法・ご無礼のこととは存じましたが、内陣のすばらしさと、僧侶の作法をきちんと知っていただきたい。そして本堂での法要について益々理解をいただければとの思いから、体験していただきました。豪雨の中、多くの皆様に参拝いただき、尊い体験をしていただくことができて、とても良かったと思います。さて、来年の住職講座はどんなことをしましょうか。

そう考えつつ、19日(水)の午後9時は、2回目のFMラジオに出演です。パーソナリティの石川さんにも16日参拝いただきました。きっと話しも盛り上がることでしょう。お時間あればお聞き下さい。(FMアップル76.5MHz毎週午後9時「おにしのお寺さん」札幌市以外はスマホかパソコンでお聞き下さい。パソコンの聞き方はこちら)スマホは ↓

家族親睦BBQ 壮年会7月8日

7月初旬なのに30度を超える猛暑が続いております。九州の豪雨による被害も現在25名の方がなくなったと聞き、心よりお悔やみを申し上げます。

さて、眞願寺壮年会恒例の家族親睦BBQが、2年ぶりに賑やかに行なわれました。昨年は組の壮年の集いがあり、BBQはできませんでしたが、晴天というか猛暑の中、50名以上の参加者皆さんが灼熱のコンロを囲みつつ、楽しい一時を過ごしました。

午前中から、庭木の剪定や清掃奉仕に汗を流して頂き、婦人会の役員さんも、おにぎりや野菜の準備など、ご奉仕いただいました。会員のお孫さんなど、子供達もたくさん集い、会話と笑い声のたえない中で、あっという間の2時間でした。

町ではこれも恒例の「江別やきもの市」が行なわれ、市街とともに賑やかな境内となり、道行く人もビール片手に賑やかなお寺を眺めていました。

ご奉仕いただいた皆さん、壮年会の役員の皆さん、そして参加頂いた皆さん、ありがとうございました。

 

第9回眞願寺杯PG大会

6月24日土曜日は、朝から曇り空で、暑くもなくいいコンディションでした。8時には会場の昭和の森PG場に50名の参加者が集合され、開会式が行なわれました。先ずは合掌礼拝があるのも、眞願寺杯ならではのことでしょう。昨年は雨のためPGができなかったので、今年はプレーできることとても嬉しいと、皆さんで喜び合いつつ記念写真となりました。

4名ずつの13の組に分かれて三つのコース(9ホール)を、親睦を深めつつ、互いに教え合いながら和気藹々の中でプレーをしました。時折多きな歓声が聞こえると、「誰かがホールイン出したな~!誰だろう!」と皆さん注目が集まっていました。

そんなプレーも終盤になると雲行きが怪しくなり、ぱらぱらと雨が落ちてきました。しかし、そんなにあたることもなく、プレーも終了し眞願寺へと各々移動し、あらためてご本堂に参集し仏参となりました。

実行委員の木村さんの調声により、讃仏偈をお勤めし、髙間責任役員よりご挨拶をいただきました。そして昼食となり、今日のプレーの話に花が咲き、笑顔の中で親睦も深まったことでしょう。

表彰式では男女ともにハンデをいれて順位が決められ、見事に男性は近藤勝太郎さん、女性は原田典子さんが優勝され、住職・坊守より眞願寺杯及び景品が授与されました。

それぞれ10位までに入賞された方・ブービー・ホールインワン・ベストグロスなど、景品が渡され、その都度歓声の中笑顔で受け取っておられました。そしてどの賞にも該当しなかったかたには「お寺にまいりま賞」が授与されました。最後に特別賞の住職賞と坊守賞の授与があり、見事に萩原芳昭さん、笠羽律子さんがくじ引きで当選されました。おめでとうございます。

来年は10回目の大会となり、記念になる大会を実行委員会でも考えていただく様です。とても楽しみですね。準備と運営に携わって頂いた実行委員の皆さんに心よりお礼申し上げたいと思います。そして来年も宜しくお願いします。

一般公開コンサートを終えて ②津軽三味線

一部を終了し、休憩前に眞願寺婦人会会長よりご挨拶がありました。今年は会が結成して100年の記念事業を行なうことになっており、その中で今回のコンサートにも協力をいただきました。そのご縁もあり、平素より会員親睦と法座でのお聴聞、そして楽しい研修旅行などを行なっていることなど、ご紹介いただきました。また、新たな会員も募集していますので、是非にとのお話しでした。(当日パンフレットにも掲載)

さて、第2部は津軽三味線ということで、江別にある八章会の皆さんに出演していただきました。会を取り仕切る渡辺八章さんの進行で始まり、お弟子の小中学生5名が壇上に上がり、素晴らしい演奏を聞かせてくれました。

なにしろ、子供達は一生懸命に腕を伸ばし三味線の弦を押さえ、演奏している姿には、皆さん拍手拍手でした。まずは皆さんご存じの童謡を何曲か演奏していただき、口ずさみつつほほえみながら、鑑賞されていました。はるよこい・めだかの学校・鯉のぼり・ふるさと・等々

そして津軽三味線では有名な歌入りの曲、津軽あいや節・津軽じょんがら節を披露してくださいました。歌に入るまで、歌担当の子供は、直立不動できちんとしている姿、そしてそれまでの三味線がまた素晴らしかったです。

その両方がマッチしているからこそ、私たちを感動させるのでしょうね。そして桜吹雪、あとはだりじょんがら節と演奏して頂きました。

最後は渡辺八章さんの懐かしい演歌を尺八で演奏して頂き、あっという間に1時間が過ぎていきました。

最後に住職より「地域に開けた楽しいお寺・眞願寺をこれからも皆さんと盛り上げて行きたい。今日はようこそおいでいただきました。」とお礼申し上げました。

2時間半というあっという間の御堂コンサートではありましたが、眞願寺いちょう会・眞願寺婦人会の皆様はじめ、そして記録写真は花岡勝美さん、ビデオ撮影は筒渕裕浩さんなど、多くの方のご協力ご奉仕をいただき、でき得たこととあらためて感謝させて頂きます。また今回のコンサートにあわせて、本堂の照明施設をLEDに更新し、特に内陣照明もコンサートなどにも適用できるよう、増設しました。お陰でとても見栄えがいい内陣になり、皆さんも喜んで頂けたと思います。

最後になりますが、出演いただいた札幌雅友会の皆さん、札幌龍谷学園高校宗育局の皆さん、八章会のみなさん、特別出演の佐々木重昭さん、本当に得ありがとうございました。また、開催の掲載をいただいた北海道新聞さん、まんまる新聞さん、ポスター掲示をしていただいた理容室惠美さん、喫茶アップルさん、味処かわ路さん、お口添えいただいた多くの皆さん、そして今回のご縁を結んでくださった婦人会会員阪本テル子さん、孫さんで演奏して頂いた阪本拓都くんにも、心より御礼申し上げます。是非来年も一般公開の催しを開催したいと思います。



 

一般公開コンサートを終えて ①聲明と雅楽

17日は、朝からいいお天気にめぐまれ、行楽日和の土曜日となりました。どこかハイキングにでも出かけたくなるような日でしたが、眞願寺の御堂コンサートにも150名を越える方々、特に一般の方が約半数以上もおこしくださり、賑々しく2時間半の時間を過ごすことができました。

午後2時より、主催者側より眞願寺いちょう会会長の萩原建興さんにご挨拶をいただきました。連続研修会を履修された方で構成されているこの会は、いつも行事の時にご奉仕いただいています。特にこの一般公開行事は、準備作業から片付けまで献身的に尽力いただき、とてもありがたく力になってくださいます。

第一部は聲明と雅楽ということでした。先ずは親鸞聖人ご命日の法要として、導師は眞願寺住職が勤め、札幌雅友会の皆様の雅楽演奏、そして聲明が行なわれました。

札幌雅友会の会長青山氏の進行と解説をいただきつつ、御堂で奏でる和の調べをご法要を通して味わっていただきました。



特に眞願寺住職を先頭に7名の僧侶が入退し、無言行道という作法が行なわれ、本尊である阿弥陀如来を中心に無言で歩く動作や、雅楽の他にも鐃鈸(にょうはち)をはじめて取り入れ、作法を行ないました。

聲明は親鸞聖人報恩講で拝読される「畫讃」や「十一句念仏」「回向句」を拝読し、散華などの作法も取り入れつつ、天台聲明の流れの中で、現在もお勤めされているものをお称えしました。

法要終了後、雅楽演奏では、平素一緒に練習をしている札幌龍谷学園の宗育局の皆さんにも特別に出演していただき、平調より「音取」「五常楽急」「越殿楽」を演奏し、あわせて雅楽の説明や楽器の紹介をさせていただきました。最後に雅楽と洋楽(オルガン・ギター)を交えて「越殿楽幻想曲」を演奏しました。



 

 

 

本堂内の照明設備もLED に一新し初めての行事でしたが、施行いただいた業者さんのお陰で、素晴らしいお浄土の荘厳が整いありがたい御法縁となりました。~②へ続く