団体参拝」カテゴリーアーカイブ

伝灯奉告法要 第二十五代専如門主

宗祖・親鸞聖人があきらかにされた「浄土真宗のみ教え」(法灯)が、聖人から数えて第二十五代となる専如ご門主に伝えられたことを、仏祖の御前に告げられるとともに、お念仏のみ教えが広く伝わることを願い、伝灯奉告法要が平成28年秋から29年春にかけて一日一座、八十日間勤められます。
眞願寺では第一班が平成28年10月22日~25日、第二班が平成29年5月12日~14日、壮年会が第一班と参拝日をあわせ平成28年10月23日~24日、とそれぞれ団体旅行を企画しました。第一班そして壮年会の団体旅行を終えましたので報告します。尚、第二班はこれから参加者の募集が行われます。


本願寺御影堂の内陣御真影様と五具足

御影堂外陣晨朝勤行の様子

眞願寺団体参拝旅行 京都本願寺伝灯奉告法要参拝と広島参拝の旅


伝灯奉告法要には国内外から多くの方々の参拝があった。当寺の団体参拝旅行のメインも、伝灯奉告法要への参列である。
初日の広島平和記念公園と本願寺広島別院参拝、二日目の宮島見学と妙専寺参拝、そして三日目は姫路城見学の後に、いよいよ本番の伝灯奉告法要への参列である。すでに到着していた壮年会の方々と合流し、総勢は31名となる。
親鸞聖人から歴代宗主のもとに脈々と受け継がれてきた念仏の尊さをしっかりと受け止めて、御影堂の指定の席に着席する。前方中程のまさに優先指定席のようである。すでに当寺住職は、法要出仕のために出向かれて姿はない。
この法要では特別な荘厳(お飾り)が施され、御真影(ごしんねい・親鸞聖人像)正面の前卓(まえじょく)には、五具足(ろうそく立一対、花瓶一対、香炉)のほか、供物は紅白の餅が盛られている。ろうそくは特大の碇型の朱ろう、仏華は松だけで制作した特別な立花様式であり、ただただ目をみはるばかりの荘厳である。
法要は雅楽が奏でられる中、紫衣に緋色の五条袈裟を着けられたご門主が入堂され、登礼盤されたご門主に合わせて、お念仏の声が堂内に響きわたった。
法要に引き続き、「伝灯のつどい」が行われ、ご門主ご夫妻とお子様たち、前門主ご夫妻もお揃いで登場され、参拝者たちは心あたたまるひとときを過ごした。
宗祖親鸞聖人のご遺徳を偲びつつ、お念仏申す人生をいただいたことを、深く味わせていただいた旅行であった。合 掌

衆徒 釋 彰 響(鈴木 彰)






団体参拝旅行に参加して


10月22日から10月25日(3泊4日)21名の旅行は眞願寺ご本堂での朝の参拝から始まった。
眞願寺とのご縁で生前の両親も京都本願寺にて帰敬式で法名を拝受していました。両親を見送り眞願寺とのご縁も多くなり、また定年を迎え心に余裕もでき、久しぶりの本州旅行を楽しめるかと夫婦で参加致しました。
37年振りの「本願寺伝灯奉告法要」とありがたい機会に私共も「帰敬式」を受けてみようと参加しました。
広島県の地は初めての旅行。初日はなんとプロ野球日本シリーズ開幕日。広島カープと日本ハムとの初戦で敵地に乗り込む感じ、日本ハムファンとしては赤ヘル軍団に押し負けそうでした。御尊父様が広島出身でファンでもあるご住職には申し訳ないですが、旅行者のほとんどは日本ハムファンでした。さてさて、きになる結果は・・・(10月29日に日本ハムが4勝2敗で日本一に)
旅行は広島平和記念公園・原爆ドーム・資料館見学、2日目に宮島の厳島神社見学、妙専寺(眞願寺 石堂了正ご住職の御尊父の実家)参拝・前ご住職のご法話、3日目に世界遺産の姫路城見学と急ぎ足ではありましたが十分楽しめました。
旅行もいよいよ本来の目的である京都西本願寺「伝灯奉告法要」と「帰敬式」と厳粛かつ緊張感の中で執り行われ、第25代専如ご門主様より直接「おかみそり」で触れていただき背筋がピーンと張ってくるのを感じました。終了後、ご住職より「おめでとうございます」と私に「釋智篤」妻に「釋淨登」と私共の望んでいた法名を拝受しました。
命が終わってからではなく、生きている「今」受式し、心新たにお念仏を喜ぶことなのかと、一気に緊張が解けたような気がしました。知らない、分からない、で通してきた私共だけに教わることが多い「帰敬式」でありました。
4日目(旅行最終日)には大谷本廟を参拝・納骨、清水寺を見学後、一路伊丹空港へと帰路に着き、眞願寺ご本堂に到着のご報告を申し上げ参拝後、散会しました。今回の旅行で心の糧を膨らますことができ日々を大切に過ごし今こうしていられることに先祖と両親に感謝しながら生活していこうと改めて自覚しました。ご住職、坊守さんのお気遣いもあり、また、旅行参加者と和気あいあい、大いに笑っての4日間、眞願寺との御縁も若い時よりも年を重ねて一歩ずつ理解できてくることがよろこびになるような気がします。
本当に4日間ありがとうございました。

釋 智 篤 (大山篤人)








川柳 絵手紙

寺巡り心の棘が抜けていく
本堂の巨大なおりんで身が締まる
本願寺朝の境内深呼吸
平和問う原爆ドーム世界の目
古寺訪ね歴史を繋ぐ苦労知る
妙専寺ニッカ竹鶴と繋がった
声出して食事挨拶日日感謝
旅の宿上げ膳据え膳に主婦忘れ
住職さん旅途中でも次の案
坊守さん気遣いうれし笑顔添え

釋 淨 登(大山登美子)









函館別院報恩講参拝 婦人会一泊研修

DSCF1737_edited-1

日に日に秋が深まりつつある今日です。一雨ごとに寒さも増してきていますね。眞願寺報恩講が終わった9月30日から比べると、境内の様子も、だいぶ色合いも変わってきました。

DSCF1710_edited-1

紅葉した落葉樹が、そのいのちの美しさを教えてくれているのと同時に、諸行無常の中にある私にも気づくことです。11月にかけて益々紅葉も、色濃く深まっていくことでしょう。

DSCF1724さて、仏教婦人会の一泊研修会が、10月15日~16日の二日間で、はるばる函館まで行ってきました。なんぼ道内と言えども、やはり遠かったですね。

朝8時に眞願寺を出発して、お昼に長万部で有名なかに飯をいただきました。さすがにおいしいですね。そこから五稜郭を見学して、きれいになった箱館奉行所をたずね、幕末の歴史や人物像を想像しつつ、赤松や杉の大木を見上げていました。この日は台風の過ぎたあとでもあり、お天気に恵まれて、とてもいい観光日和となりました。

DSCF1397五稜郭より市内に入り、元町の散策をしました。歴史深い教会や寺院を眺めつつ、旧箱館公会堂を見学しました。ふた組の新郎新婦さんが、写真撮影をしていましDSCF1442た。カメラマンのリクエストに恥ずかしげに答えつつ~いいですね。いろいろあると思うけど、仲良くガンバってほしいですね。おめでとうございます。

DSCF1441_edited-1日も暮れてきまして、いよいよ夜景見物にバスで箱館山を上がりました。これも、6時前と言うこともあり、光り始める夜景を眼下に眺めつつ、遠く山間に沈んだ夕暮れのシルエットも楽しませていただきました。

DSCF1404そして湯ノ川温泉、宴会がもりあがったのは言うまでもありません。そして二次会も楽しく過ごさせていただきました。

DSCF1508_edited-116日も朝8時にはホテルを出発して、朝市へ出かけました。海産物をはじめ野菜や果物まで新鮮なものがたくさんそろっていました。たまたまいったお店は卸問屋さん。とても安く、何でもそろって有り難かったです。

DSCF1567

そしてこの度の目的地函館別院へ向かいました。到着すると正面に新しく立て直されたレンガ調のご本堂がそびえ立っていました。早々に職員の方が出迎えて下さり、ご本堂へとご案内していただきました。外陣もとっても広い空間でしたが天窓もあり、非常に明るく感じました。

DSCF1670_edited-1

お内陣のお荘厳も素晴らしく、御門徒さんよりいただいた松真で仏花もたてられていました。10時からの満日中法要は、輪番代行の吉村副輪番が導師を勤められ、宗祖讃仰作法のおつとめでした。

DSCF1644

私もせっかくのご縁なので、讃嘆衆として出勤させていただき、皆様とご一緒にお勤めさせていただきました。ありがたく、尊い御勝縁でした。

DSCF1655 私も若かりし頃別院に奉職させていただいていましたが、全国各地には本願寺の別院もたくさんありますが、お勤め、作法、そしてその雰囲気も、同じ北海道道内であっても札幌別院・小樽別院・帯広別院・そしてこの函館別院と、それぞれ違うものだとしみじみ感じたことです。特に函館別院は合掌礼拝の作法も、丁寧にされていると学ばさせていただきました。そして、こころ染みいる吉村副輪番の御礼言上・そしてご挨拶をいただき、ご別院のともしびが、受け継がれてきたご苦労を偲ばさせていただきました。

DSCF1667_edited-1

ご法話は元ご本山の参拝部長でおられたなつかしい藤実無極師でした。笑顔いっぱいに、「生き甲斐を持って、慶びの中で、過ごさせていただきましょう」とお説き下さいました。

DSCF1681皆さんに見送られ、帰路は函館港の金森倉庫で昼食とお買い物をして江別へと向かいました。バスに乗ってから道中激しい雨となりましたが、あとはお天気に恵まれまDSCF1423した。又、道中、北海道バスのドライバーの安全運転とガイドさんの話術のとても素晴らしかったです。

皆さんにお手伝いをいただき、函館別院の皆様に迎えられ、一期一会の素晴らしい二日間でした。函館別院吉村副輪番はじめ、影ながら企画いただいたJTB北海道の大川さん、ご縁いただいた多くの皆様、心より感謝申し上げます。

 

冬の境内(野鳥)  ②  いよいよ親鸞聖人750回大遠忌御正当法要

新しい年をむかえ、しばれる日が多い江別です。零下10度より低温の日も少なくありません。7日の晩より冷え込み、8日の朝は零下15度になりました。8日の午前10時前の境内に設置した温度計はマイナス12度を指しています。太陽が出てもこの気温。なまらしばれています。

しかし、そんな日は境内の樹氷も美しく、ダイヤモンドダストの光り輝く中で、氷点下の美しさを見せてくれます。そんな境内にもたくさんの野鳥が訪れ、餌代には常時スズメが50~60羽ほど、けんかをしながら餌をついばみ、時々アカゲラモ覗いてくれますし、ナナカマドの赤い実をツグミがおいしそうについばんでいます。

ヒヨドリは屋根に積もった雪のわずかにとけてたれてくる水を、上手に飲んでいました。貴重な青米の餌を提供していただいた、御門徒の正木さんに感謝しつつ、時間があればそんな境内に目を向けています。

いよいよ9日より16日まで親鸞聖人750回大遠忌御正当法要が始まりました。昨年の大遠忌のしめくくりとなるこの法要は、全国より門信徒が集まり、盛大におつとめになります。

 

9日の初日は、親鸞聖人のご縁深い京都頂法寺六角堂の池坊次期家元の池坊由紀師による献華式が行われ、御尊前にお供えになられた後、親鸞聖人御厨子のお扉を開扉する儀式『御親開』がご門主様により行われました。

初逮夜では、新門さまが御導師をお勤めになられ、にぎにぎしく報恩感謝の中でご法要が行われました。わが眞願寺も団体参拝を企画し11日より13日まで2泊3日の団体で参拝旅行にいってきます。12日は終日ご法要に参拝し、御影堂のお荘厳替えを拝見しつつ、御真影様に御礼させていただく予定です。24名の団体になりましたが、参加出来なかった眞願寺の御門徒の皆様とご一緒に、お念佛申させていただきたく存じます。是非インターネット配信の法要中継をご覧下さい。

そして1月16日ご御正当は午後1時より眞願寺で御法座がつとまります。ご法話は藤順生先生です。

天候が心配ですが、皆様とご一緒に尊いご縁をいただきたいと思いますので、ご参詣のほど、よろしくお願いいたします。

大遠忌 眞願寺第二期団参 『お念佛に出会う旅』 ③

16日(日)、最終日は天気にも恵まれ、いい観光日となりました。9時にホテルを出発し、二条城を通過して一路高山寺を目指しました。右京区梅ヶ畑の山間にある高山寺に参拝しました。山の中腹に作られたこの寺院は、今はバスなどの交通でこれますが、昔はさぞ大変なことだったと思います。さすがに仏道実践の霊域を感じることです。浄土真宗とはいろんな意味で寺院建築も違いますね。

しかし山間の景観はすばらしく、紅葉の時期はすばらしいことでしょう。そして国宝も多く、鳥獣人物の画など、楽しませていただきました。参加者には足の悪い方もおいでになりましたが、一番高い金堂まで登り、参拝させていただきました。気持ちのいい山の中の参道、沢ガニの姿を追いかけつつ、杉の大木を見上げながら、バスへと向かいました。

高山寺を後にして、嵐山方面へパークウェイでドライブです。景色がいいのと、紅葉の始まりを楽しみました。途中、バスを降りて景色がいいところより谷間をながめていると、保津川下りの船を見ることが出来ました。望遠レンズで一枚写してみました。一度乗ってみたいですね。



嵐山のドライブインで昼食。「食前の言葉」皆さん覚えましたか?お買い物を楽しみ、渡月橋ででくわした『斎宮行列』を見物し、京都を後に帰路につきました。

飛行機の中からはきれいな夕日も見えて、西の彼方の浄土を思いつつ、3日間をふり返り、帰るところがあるのは、ありがたいことだと実感したことです。

ご本堂で到着をご報告し、感謝申し上げました。今回も添乗いただいたJTB北海道大川氏に感謝申し上げ、このすばらしいご法要のご縁を、多くの人に伝えていただき、お念佛ご相続の生活をお願いしたことです。

さあ、大遠忌も残り少なくなってきました。11月期が終われば、1月の御正当法要で円成となります。是非、1月の寒い時期ではありますが、希望者をつのって、1月11日~13日の旅行を考えたいと思っています。ご本山からはすべての浄土真宗本願寺派の僧侶へ、出勤を呼びかけられています。50年に一度のご縁を、大切にしたいと思います。最後に今回の団体参拝旅行に参加いただいた皆さんに感謝申し上げます。

大遠忌 眞願寺第二期団参 『お念佛に出会う旅』 ②

15日、午前8時にはホテルを出発し、一路ご本山へ向かいました。堀川通りを七条より北にあがり、興正寺さんを過ぎると本願寺です。七条の交差点より大きな旗がたくさんそびえ、賑々しくお出迎えです。ご本山の職員の皆様がたくさんでお出迎え下さり、歩道に降りると、『北海道札幌組の皆様、ようこそお参り下さいました。』と声をかけて下さいました。

列を組んで団旗を先頭に、山門へ向かいます。その間もたくさんの方にお出迎えの声をかけていただき、、ありがたいことです。さあ、山門で一礼しご本山本願寺の境内へ。

前回と同じように、先ずは記念撮影です。ホテルを出発したときは小雨模様で心配しましたが、雨も上がり撮影できそうです。そんな時、団参の皆さんとは別な方向から、「住職!」っと声がかかりましたが、ここに住職はたくさん居るのだからと思っていましたら、『眞願寺住職さ~ん!』と。よくよくその声の方向に振り向くと、かわいい二人のお子さんずれの家族がいました。え!「内藤君!」眞願寺の法務員を長らくお勤めいただいた北海道佐呂間町西光寺さんの内藤さんご一家でした。「いやぁ~っ。こんなところでびっくりだね!」と声をかけると、「実は眞願寺の団参があることはHPで知っていて、会えるかもしてないと思い、うろうろしていました。」とのことでした。うれしいことです。団参の参加者にも、よく知っている方も多く、ご本山での再開をよろこびながら、いっしょに記念写真に入ってもらいました。

またまたその他にも受付まで私を追いかけてきた大阪の友人にも会い、席が空いていれば一人分分けてほしいとのこと。「私が出勤だから、その分空いているから」と言うことで、友人の知人(沖縄県石垣島の寺院の坊守さん)が急きょご一緒することになりました。

山門より境内に入れば、多くの出会いや再会があり、どんな方とも御同朋の仲間として参詣できる、そんなよろこびを感じつつ、先ずは阿弥陀堂に参拝です。

きれいにお荘厳され、すばらしい御内陣に見とれながら、合掌。そして渡り廊下より御影堂へと向かいます。今回の参拝席は下陣の外ではありますが、正面よりやや北側で、「縁儀」の歩かれる通路の近くでした。目の前で「縁儀」もよく見えますし、直接御内陣を見るのはなかなか難しいようですが、大きなスクリーンが目の前にあり、よかったとおっしゃっていました。

さあ、ご法要です。私は御内陣に出勤させていただきました。阿弥陀堂でにて御門主様とご一緒に御本尊に参拝させていただき、後堂より御影堂へ。御影堂後堂でしばし準備ととのうまでまち、雅楽の合奏の中で御内陣へ入堂です。普段より広い御内陣には、御導師の御門主様、新門様と我々結衆が24名が着座し、宗祖讃仰作法音楽法要がおつとまりになりました。すばらしい音楽法要でした。

ご法要が終わる前より、浄土宗知恩院門主様と、真宗九派の各御門主様の御焼香がありました。1年間に及ぶこの度の大遠忌法要の中で、一度だけのご縁である、各派御門主の総参拝のご法要にたまたま私達が参詣させていただいたのでした。御内陣の私の着座していたまうしろには、浄土宗知恩院の門跡様がご臨席になられ、ご法要雅終わると先ずは、本願寺の御門主様、新門様のちょうど真ん中である、内陣正面までおいでになられ、五体当地の礼を以て、御焼香されました。その後、東本願寺門首様より真宗各派の御門主が焼香され、厳粛な中に希有のご縁を拝見させていただいたことです。

ご法要の最後は、新門さま、御門主様の「お言葉」をいただきました。その中で大震災の原発事故にも触れられて、『原子力の問題は人間の知恵や能力を超えて、私達の欲望が広がったことを示しています。それは後の世代に犠牲を強いることになるでしょう。』とのべられました。そして『仏法を伝えられ、御影堂を託された私達が子孫へは何を残すことが出来るでしょうか。』と問われました。そして最後に『南無阿弥陀佛とお念佛申し、精一杯過ごさせていただきましょう。』とお示しくださいました。心深く聞かさせていただいたことです。

 ご法要が終わり、予定では書院の拝観でしたが、各派宗主のご接待のため書院は本来の使用目的のため、拝観が中止となり残念なことでした。しかし、飛雲閣や唐門は拝見させていただきました。又、今回もお二人が帰敬式を受けられ、ありがたく法名拝受されました。おめでとうございます。

受付テント付近で皆様集合し、ご本山を後にしました。やや雨模様の中、本願寺と興正寺の間の道を通り、本願寺の玄関門にさしかかりますと、その玄関門にたくさんの僧侶がどなたかのお見送りをされているようでした。どちらかの御門主様でしょう。本願寺の職員さんも大忙しの日だったようですね。

 龍谷大学をぬけて七条通りを渡ったところにある本願寺御用達の「坂安」さんに到着。本願寺のお斎を作られている京料理の老舗です。二階の和室でゆっくりとお昼をいただき、ご法要の感動を思い起こしつつ、おいしい昼食で一時を過ごさせていただきました。

昼食をすませ、自由散策になりましたが、前日いけなかった青蓮院に参拝し、親鸞聖人のお得度されたお姿を偲びつつ、合掌させていただきました。そこからお買い物もあるとのことで、清水まで行き、自由散策です。ここで又、江別の方々とお会いしました。それも、大麻高校の修学旅行の一行です。バスもとなりどうしに駐車し、息子の友達にも会うなど、世の中せまいものですね。

一端ホテルに帰り、夕食は三条の『がんこ京都本店』に向かい、一献かたむけつつ、お一人づつ感想をお話いただきました。ご法要の余韻と感動。そしてお念佛に出会えたよろこびと、導いて下さった亡くなって行かれた身近な方々に感謝しつつ、夜もふけてゆきました。私も坊守と娘と来れて本当によかったと思いました。そんな娘が「50年後もも必ず本願寺にお参りします!」と。うれしいですね。ありがたいですね。