9日より御正忌報恩講 

DSCF3161

今日は一日雪が降り積もり、瞬く間に道路も雪山が連なってきました。車の事故なども増えているようです。どうぞお気をつけ下さい。

DSCF3160

境内も一日3回除雪作業が行われました。気温は高めの為、屋根からの落雪も気になりますね。山門前も除夜会の前にきれいになりましたが、又雪山が出来たようです。

京都本山本願寺では親鸞聖人の年忌法要である御正忌報恩講が9日より16日まで修行されています。眞願寺では9月に、札幌別院では10月にそれぞれ取り越しし、御正忌となったことです。昨年6月にご門主となられた専如上人におかれましては、門主として初めての御正忌をお勤めになられています。

DSCF3166本願寺ホームページではインターネット中継配信がされています。どうぞご覧になられつつ、ご参詣いただければ幸いです。私もご本山に上山し、12日の日中法要、中逮夜法要には出勤させていただく予定です。

DSCF316816日の午後1時より、眞願寺においても御正忌法座を行います。増毛の藤順生先生にお越しいただき、ご法話をいただく予定です。どうぞご参詣下さい。

さて、今日午後2時よりは護持会会計の会計監査が行われました。25日に行われる総会を前にして、会計より決算の監査をいただいたとこです。新年1月は門信徒・壮年会・婦人会と総会が次々と行DSCF3155われます。よりよい護持運営と布教活動について皆さんのご意見をいただきたいとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください