秋初穂感謝法要 本格的な冬到来そして選挙

DSCF2459_edited-1

4日の朝6時、江別の気温は-7°でした。そして今日の予想最高気温が-1°ということでいわゆる『真冬日』になりそうです。北海道でも旭川江丹別で-13.9°を記録したそうです。

DSCF2455_edited-1

江別の雪はさほど多くはありませんが、留萌方面や小樽では結構な積雪になっているようですね。風邪もはやってきましたし、北海道でもインフルエンザが流行しだしたそうです。雪が少なくていいですね~っと言っていましたが、本格的な冬が来たようです。

DSCF2437_edited-1さてさて、12月3日は『秋初穂感謝法要』でした。上納されたお米をお供えして、年に一度のすべてのいのちをいただき、生かさせていただいていることへの感謝法要です。普段忘れDSCF2412_edited-1がちなことですが、こうしてご法要を営むことにより、初心に戻ってお陰様でと、感謝することが出来るのでしょう。

先日の宮城~福島の支援活動で目にした田畑は、黒いビニール袋が山積みになり、あちらこちらに「除線作業中」ののぼりが立てられていました。放射能に汚染されたゴミの行き先さえ決まらず、山積みになったまま、草が生いしげっている様子を思い返すことです。農業を営んできたDSC09015方々が、田畑にさえ行けないもどかしさの中で、避難生活をされている方々。海や山の農産物でも放射能の危険がまったくないといいきれないと言われる方々。食する事についても、見えない放射能にどれだけご苦労されているか、計り知ることが出来ません。

そんな思いを巡らせつつ、今年も轡田先生のご法話を聴聞させていただDSCF2439_edited-1きました。奥様とお二人で、福島へ行かれた事や、生きること、いただいたいのちを生かさせていただくことなど、お念仏のみ教えをわかりやすくお話いただきました。

世間では衆議院選挙がはじまりました。消費税も問題ですが、平和憲法解釈の変更による集団的自衛権や見通しの全くつかない原発問題など、それ以上に大事な問題がたくさんあったと思います。子や孫へきちんと受け継いでいける社会を残さなければならない責任を鑑みて、一票を投じたいと思います。