降誕会・初参式 4月20日

DSC06017

眞願寺の重要法要のひとつである親鸞聖人のお誕生をお祝いする、宗祖降誕会と初参式が4月20日(日)に行われました。

DSC06006春の日ざしをいっぱいに受け、雪どけの進む境内では、雪割草やフクジュソウがきれいに咲き始めています。朝9時より総代さんや壮年会有志の方々のご奉仕により、法要の準備が行われました。山門・本堂・玄関の幕張りや、仏旗の掲揚などをはじめ、厨房には婦人会役員皆様が集い、お斎の準備が始まりました。

DSC06009午前11時より本年度初参式が行われ、3名の新生児が受式されました。式中、鳴き声や走り回る子(受式者のお姉ちゃん)もいて、終始にぎやかでした。初参式はこうでDSC06056なければなりませんね。式章をかけ、ご両親ご家族ご一緒にお焼香され、仏祖に慶びのご報告をされ、皆さんとご一緒に手を合わさせていただきました。悲しいご縁も経験された中でいのちを授かり、慶びの中で参加いただいた方もありました。いのちの尊さに感謝しつつ、ほとけの子として、精一杯生きぬいてほしいと願うばかりです。おめでとうございました。

h26.4.20眞願寺 初参式

初参式が終わり、受式者の方々とご一緒に広間でお斎をいただき、午後1時より降誕会が始まりました。親鸞聖人は承安3年(1173)の5月21日、京都の日野でお生まれになりました。本山では5月20日21日に行われていますが、眞願寺では4月の第3ないし第4日曜日に行われています。ご法要は正信偈を皆さんとご一緒にお勤めさせていただきました。この日も70名以上の参詣で、お陰様で賑々しくお祝いのご法要をお勤めしました。

DSC06081_edited-1

DSC06087

法要後、御講師の山本徹浄師による御堂コンサートが行われ、ご本堂に響き渡るすばらしい歌を披露していただきました。毎年有りがたいことです。

DSC06103休憩をはさみご法話もいただきました。自分の生涯を春夏秋冬にたとえ、わかりやすくお話しをいただきました。

DSC06163

 

 

今年も春の行事は3月の16日親鸞聖人御命日法座にはじまり、春のお彼岸四日間、4月3日~5日の団体参拝旅行があり、8日にはおしゃかさまのはなまつり、12日に清掃奉仕で皆さんにご協力いただき、14日より三日間は春の永代経、そして20日の初参式・降誕会と続きました。今年行われている眞願寺スタンプラリーも、2ヶ月すべてDSC06157に参拝されればスタンプが10ヶになります。まだまだ雪深い境内で始まった春の行事でしたが、まもなくチュウリップも花咲くことでしょう。お寺に参りつつあたたかくなっDSC06012てゆく季節の移り変わりを感じつつ、皆様とお念仏申させていただきました。

5月は2日に10時よりふてペン教室・13時より常例法座と婦人会の行事があります。16日は10時より住職講座として仏花のいけかた・13時よりご命日法座もございます。どうぞ皆さんご参詣下さい。

SKMBT_C65414042311170_0001

コメントを残す