江別第一中学校の道徳授業で朗読劇『いのちのいろえんぴつ』

昨年、民生委員会で配布された資料の中で、市教育委員会より各小中学校の学校支援(学習支援)ボランティア募集がありました。その中に江別第一中学校の「道徳」の授業で、「命にかかわる講話」というものがあり、現在この学校のPTA会長もさせていただいている事もあり、どこまで出来るか不安ではありましたが、奉仕させていただくことになりました。

DSC04632_edited-1

学校からは、全校生徒もしくは各学年でしてほしいとの要望があり、自分のイメージでは各学級で、膝をまじえて話し合うことを考えていたので、大きなギャップを感じました。しかし、そこで思いついたのがチーム一番星の朗読劇です。昨年の彼岸に一般公開講座として眞願寺で講演いただいたあの素晴らしさを、是非子ども達に見てもらうのがいいのではと思いつき、学校との話し合いの結果、2月17日午後の授業で、行うことになりました。今回の題材は『いのちのいろえんぴつ』の講演をお願いしました。

DSC04635_edited-1600名の全校生徒が体育館に集い、PTAの方々もご一緒に見学される中、趣旨とご紹介を私の法からさせていただき、講演が始まりました。2003年脳腫瘍のため小学校6年生で亡くなった、豊島加純(かすみ)ちゃんが生前に残した詩と絵を元に編纂された絵本『いのちのいろえんぴつ』をもとに、当時の様子をまじえた朗読劇です。約75分間の劇でしたが、誰一人居眠りする子もなく、舞台を見つめてくれました。

両親はじめ不思議なご縁の中でいただいたいのち、誰にもかわることのできない私のいのちをどう生きぬくか、そしてありがとうと言える人生を今、いきているか・・・。自分自身を問うていくそんな朗読劇でした。

DSC04625今、学校では感想文を集めているそうですが、その中の一つを紹介させていただきます。

「毎日友達と会えるのが普通だと思っているが当たり前ではない」という言葉を聞いて、私はぞっとしました。それは私が日々生活していることが当たり前と思っていたからだと思います。これからはいつも交わしている一つ一つの言葉を大切にしていきたいと思います。

はじめて朗読劇というものを見ました。ただの劇とはちがい、声だけでの演技はとても迫力がありました。泣きました。見終わった後、とても筆舌に尽くしがたい思いでいっぱいでした。ただ一つはっきりと言葉に出来るのは、遅すぎないうちに、身近な人たちに感謝しなければいけない。恥ずかしいけれど、親に感謝の気持ちを伝えてみようかな、と思いました。

DSC04652

全道各地より集って下さったチーム一番星の9名の皆さんに、こころより感謝申し上げます。すばらしい朗読劇でした。

コメントを残す