婦人会一泊研修旅行~帯広~

帯広勝興寺様~本願寺帯広別院様~十勝川温泉第一ホテル~清川紫竹ガーデン

10月16日、17日の一泊二日で帯広に研修旅行に行ってきました。今回は眞願寺と親戚寺院のご縁をいただいている帯広市内の勝興寺様に先ずはお参りさせていただきました。

勝興寺様は現住職さんで第二世ということで歴史は浅いのですが、ご住職を中心に教化に取り組まれ、年々ご門徒数も増加し、報恩講をはじめ降誕会、元旦会など、満堂の参詣の中でご法要を営まれているようです。学ぶべきお話しも多く、参加いただいた婦人会の皆さんとご一緒に、住職さんのご苦労されているお話しを聞かさせていただきました。現在は坊守さんの陰ながらのご苦労をいただく中でお寺のきりもりをされ、又、三年前に若院さん夫妻(現在はかわいいお子さんが二人おいでになります)をお迎えになられ、二人で法務に奮闘されているようです。その若院の奥さんが、私の従兄弟になり親戚寺院となりました。



勝興寺様を後に、本願寺帯広別院を参拝させていただきました。真っ赤な屋根の大きなご本堂に入り、その広さと、天井の高さにあらためて『うわ~っ。広いですね~。』と皆さんしばし驚いておられました。さすがに帯広別院、りっぱですね。またこの日は永代経が終わったところで、お内陣もきれいにお荘厳されていました。



ご輪番よりご挨拶いただき、職員さんよりご説明いただきました。対面所ではご別院の婦人会の皆様によりお茶のご接待をいただき、しばし歓談させていただきました。又納骨堂をはじめ、会館や和室などもご案内いただき、別院のスケールの大きさに皆さんと感銘しながら、見学させていただきました。境内にある親鸞聖人の銅像に参拝し、夕日に光り輝くお御堂に手を合わせ、職員さんや婦人会のお見送りの中、宿へと向かいました。

 



宿の宴会には勝興寺様の若院さんご一家をご招待させていただき、皆さんと楽しい団欒の一時を過ごしました。ここのお子さんは、『シャボン玉とんだ』の歌が大好きで、というか私といっしょに踊るのが好きで、それを待ち望んでいるようでした。別に約束をしていたわけではありませんが、「歌うか?」と聞くと「うん!」(笑)と言うことで皆さんの前で初披露!

婦人会の皆さんも一所に歌って下さり、僕は二回、そしてお姉ちゃんも最後に踊り、宴会も盛り上がっていきました。もちろんご一家のお帰りの時は『かえりたくな~い!!』の連発でしたが、温泉に入って帰りの車の中ですぐに寝たことでしょう。また歌おうね (^o^)

翌日17日は「花畑牧場」で買い物をしてから、美栄町にある紫竹ガーデンを訪れました。紫竹昭葉さんが1万8000坪の廣大な牧草地を24年前に購入され、フラワーガーデンをはじめられ、22のゾーン、13のコレクションをもつすばらしい庭園になっていました。

ちょうどご本人が説明していただき、23年前に植えた「ほうのき」がこんなに大きくなったの!と。よかったらこの種もってって~。と気さくにお話しいただきました。ちょうどフジテレビの撮影もあり、私達と一所にあれこれお花の説明をしていただきました。そのうち全国ネ



 

 

 

ットで放映されるかも知れませんね。

雨の予報もありましたが、お天気にも恵まれ、帰路についてから降り出しました。二日間という短い旅行でしたが、実りの多い研修となりました。勝興寺様、帯広別院の皆様、そして旅のお手伝いをいただいた多くの皆さんに心より感謝申し上げます。

コメントは停止中です。