24年度報恩講を終えて~ご挨拶~



報恩講にご参詣いただいた皆様へ

お陰様で本年も9月28日より30日まで三日間、今年も宗祖親鸞聖人報恩講を修行させていただきました。北海道も例年になく残暑厳しいお彼岸でしたが、9月末になり幾分秋の気配を感じつつ、過ごさせていただきました。

 9月11日の準備委員会からはじまり、16日には清掃おみがき、そして四日間のお彼岸をへて「報恩講」をお迎えしました。寺内のことにはなりますが、総代さんはじめ、壮年会・婦人会の役員の皆さん、当番地区の皆さん、そして参拝いただいた多くの皆さんに心より感謝申し上げます。

 

又、御講師の清岡隆文先生はじめ、ご法中の各ご寺院ご住職様には、金曜日~日曜日という法務お忙しい日程の中で、お差し繰り御出勤いただき、ありがたく存じ上げます。

 私も皆様とご一緒に報恩講にお参りし、親鸞聖人の御遺徳を偲びつつ、お念仏に出逢えたよろこびをあじわい、尊い三日間を過ごさせていただきました。

 

 

 明日より来年の報恩講に向けて、「念仏繁盛・寺門興隆」をテーマに、歩みをはじめていきたいと思います。





どうか皆様も日々お念仏をよろこび、家族・親族皆様おそろいでお寺の諸行事においでいただきますよう、心よりお願い申し上げます。合掌

コメントは停止中です。