今年も道路かん水 ゲリラ豪雨!江別市内各地で



今日9月9日の正午頃、この日一回目のゲリラ豪雨に見舞われ、眞願寺の近所でも道路がかん水しました。やがて落ち着いたものの、水はけ悪い運動公園などは夕方まで大きな池が出来たようでした。(昨年の記録はこちらから)





午後8時頃からまた雨の音が激しくなってきたと思い、気象予報を見ると、やはり危険な予感。午後9時には昼間より激しい豪雨がしばらく続きました。雨が小降りになり、消防のサイレンも聞こえないので、大丈夫かと思っていましたが、やはりサイレンが・・・。

インターネットで確認すると、昨年と同じ江別小学校脇の私道や緑町など4カ所で「風水害」が確認され、一応眞願寺の門徒さんもたくさんいらっしゃるので、状況確認に。



 

昨年同様完全にかん水していました。近所の知人は、「予報を見て今晩危ないと思ったから、車だけ避難させておいた。」とのこと。

 





国道を渡り、緑町へ行くと、ここもまた道路がかん水。玄関先まで水がせまってきていました。付近の門徒さんによると、トイレは逆流してあふれ出し、大変だったそうです。ここは道路工事中と言うこともあって、付近アブラのにおいがしていて、消防も念入りに調査していました。



市内の下水管は汚水と雨水が一緒になる合流式が多いそうで、合流した下水はポンプ場で再び雨水と汚水に分けられ(うわ水を雨水として分離します)、雨水は殺菌消毒のうえ石狩川へ流され、汚水はポンプで江別浄化センターに直接送られ、そこで処理され石狩川に流されるそうです。そのポンプがゲリラ豪雨の雨量について行けないのでしょう。改良するには予算もかかることでしょうけれど、こう毎年となると、大きな災害になる前に、整備していただけるよう願うばかりです。皆さんも災害に備え、まさかの時の行動を、あわてず出来るように考えておきましょう。江別市内の災害情報はこちらからご覧下さい。消防テレホンサービス災害情報案内(011-384-1199)でも案内しております。

コメントは停止中です。