山門脇に『黒松』御寄贈いただきました

5月14日、東野幌本町にお住まいの高尾さんより、昨年から御寄進のお約束いただいていた『黒松』を移植していただきました。昨年の10月末にはごようの松や牡丹、ツツジ、そして庭石四石など御寄贈いただきました。今回は2度目の御寄贈です。

 

 

久しぶりにお天気もよく、作業するにはいいタイミングでした。山門の左側(境内側)には大きな赤松があり、(これも寄進いただいたものです)この黒松は山門の道路側の右側に移植しました。

移植には高尾さんご自身も立ち会っていただき、クレーンで予定の位置におさまると「いや~いいですね。ここにもってくると、松が小さく見えます。精魂込めて手入れしてきた松だけに、こんなすばらしい処に植えていただき、本当にうれしいです。」と、おっしゃっていました。しかし、本当にすばらしいです。山門が益々すばらしくなりました。





黒松と一緒にツツジとボケの木もいただきました。本当にありがとうございます。

今度天気のいい日にでも、きれいな写真を撮りたいと思います。

 日に日に新緑も美しくなってきました。チュウリップは満開。雪にだいぶ枝も折れましたが、梅もきれいに咲いています。

明日は16日親鸞聖人ご命日法座です。美しくなった山門や境内を楽しみに、ご参詣下さい。

コメントは停止中です。