西山別院覚祖会に出勤 



京都の阪急桂駅より歩いて5分のところにある本願寺西山別院の覚祖会に出勤させていただきました。西山別院と言えば、私が平成5年12月まで奉職させていただいた、なつかしい御別院です。親鸞聖人の曾孫にあたられる本願寺第三世覚如上人がお住まいになられていたところで、現在も上人の御廟があり、ご命日にあわせて毎年「覚祖会」が2日間にわたりおこなわれています。その西山別院では、その覚祖会に合わせて、大遠忌法要が21日22日と行われ、ご門主様御親修にてお勤めされました。



私は22日の眞願寺降誕会が終わりましてから京都に向かい、23日行われた「覚祖会」に出勤させていただきました。このご法要は新門様御導師にてお勤めされ、覚如上人の御遺徳を偲び、西山別院に奉職などされたなつかしい方々と尊い一日を過ごさせていただきました。

親門様が御別院に到着された時は、西山幼稚園の元気な子供たちと一緒におむかえさせていただきました。現在のご輪番は小林義教師で、芦別の西林寺ご住職さまで、何度となく眞願寺にも布教にこられ、ご縁深い方です。

せっかくの京都でしたので、久しぶりに六角堂に参拝させていただきました。親鸞聖人が比叡山から95日間通われたお寺です。そこにある池坊本部により、佛花をたてる時の道具や花器を購入しました。

 

コメントは停止中です。