冬の境内③  大寒波と大雪続く 26日朝-24.8度に

寒中お見舞い申し上げます。

今週は江別も大寒波と大雪が続いています。24日(火)は40センチを越える積雪があり、年間降雪量388センチと、大雪だった昨年に近づいてきました(江別市土木事務所調べ)  気温は26日石狩管内で今期最低の-24.8°を江別で観測しました。

 JRは軒並み運休になり高速道路も通行止めになりました。道路もこの大雪で非常にせまくなり、境内前の市道は国道12号線から駅前までめずらしく渋滞していました。歩道もほとんど雪にうまってしまい、皆さん車道を歩いて駅にむかって行かれました。お向の江別小学校へ通学する子供たちも登下校は気をつけてほしいですね。

 境内では、山門横の案内板のガラスが凍り付き、ほとんど読めない状態になり、朝も清水産業さんに除雪にきていただいてはいますが、長靴もほとんど埋まってしまう程、いっきに降り積もっていました。

冬囲いした松の木も心配です。それぞれのえだをつっていますが、その真になる垂木が雪の重さで今にでも折れそうになっています。早く雪を落としてやった方がよさそうですね。

 



眞願寺のご本堂はお陰様で暖冷房完備で、真冬でも温かい環境の中で、法要を行っていますが、22日に行われた門信徒総会の直前に、エアコンの大きな室外機が故障してしまいました。今週中にはこわれた部品も届き、使えるようになるとは思いますが、今日もご法事は広間で行っています。この寒いとき、本当に暖房は大事ですね。平素からの点検も怠らないようにしなければと反省しています。

まだまだ寒い日が続くことでしょう。29日は壮年会総会、2月2日は婦人会総会とあります。そして16日は親鸞聖人御命日法座です。皆さんご自愛いただき、お元気でご参詣下さいませ。

コメントは停止中です。