冬の境内(野鳥)  ②  いよいよ親鸞聖人750回大遠忌御正当法要

新しい年をむかえ、しばれる日が多い江別です。零下10度より低温の日も少なくありません。7日の晩より冷え込み、8日の朝は零下15度になりました。8日の午前10時前の境内に設置した温度計はマイナス12度を指しています。太陽が出てもこの気温。なまらしばれています。

しかし、そんな日は境内の樹氷も美しく、ダイヤモンドダストの光り輝く中で、氷点下の美しさを見せてくれます。そんな境内にもたくさんの野鳥が訪れ、餌代には常時スズメが50~60羽ほど、けんかをしながら餌をついばみ、時々アカゲラモ覗いてくれますし、ナナカマドの赤い実をツグミがおいしそうについばんでいます。

ヒヨドリは屋根に積もった雪のわずかにとけてたれてくる水を、上手に飲んでいました。貴重な青米の餌を提供していただいた、御門徒の正木さんに感謝しつつ、時間があればそんな境内に目を向けています。

いよいよ9日より16日まで親鸞聖人750回大遠忌御正当法要が始まりました。昨年の大遠忌のしめくくりとなるこの法要は、全国より門信徒が集まり、盛大におつとめになります。

 

9日の初日は、親鸞聖人のご縁深い京都頂法寺六角堂の池坊次期家元の池坊由紀師による献華式が行われ、御尊前にお供えになられた後、親鸞聖人御厨子のお扉を開扉する儀式『御親開』がご門主様により行われました。

初逮夜では、新門さまが御導師をお勤めになられ、にぎにぎしく報恩感謝の中でご法要が行われました。わが眞願寺も団体参拝を企画し11日より13日まで2泊3日の団体で参拝旅行にいってきます。12日は終日ご法要に参拝し、御影堂のお荘厳替えを拝見しつつ、御真影様に御礼させていただく予定です。24名の団体になりましたが、参加出来なかった眞願寺の御門徒の皆様とご一緒に、お念佛申させていただきたく存じます。是非インターネット配信の法要中継をご覧下さい。

そして1月16日ご御正当は午後1時より眞願寺で御法座がつとまります。ご法話は藤順生先生です。

天候が心配ですが、皆様とご一緒に尊いご縁をいただきたいと思いますので、ご参詣のほど、よろしくお願いいたします。

コメントは停止中です。