坊守から・平成23年9月

今年もお盆が過ぎ秋風が吹く季節となりました。飼っているウサギのミュウも暑さが一段落しホッとしている様子です。子供たちは夏休みも部活動に明け暮れ、終わり頃に慌てて宿題をしている様子でした。まったく困ったものです。

先日、東京の明西寺様で田中教照先生のご法話を聞かせて頂く機会がありました。

「最近は、家が狭いから仏壇を小さくしたいとの相談があるんです。現実問題としてマンションやアパート住まい、現代は和室のない家が多く置き場所に困るということなのでしょう。でもね~皆さん 仏壇は小さくですが、家のテレビは大きくなっているんですよ!(笑)お仏壇よりテレビから教えられる情報の方が大事になっている現代なのです。そこから考えていかなければいけませんね~。」

皆さんはどう思われますか。。。

その後先生は「人が亡くなることに驚くのではなく、今自分が生きていることに驚きましょう。」

というお話もされました。

テレビも大事ですが、お仏壇の前で手を合わせご先祖の皆様をご縁として、今自分がいる(生きている)ことに気づき、お念仏とともに日々を送りたいと感じさせて頂いたことでした。

コメントは停止中です。