大遠忌 眞願寺第二期団参 『お念佛に出会う旅』 ①

10月14日(金)より16日(日)まで、第二期の団体参拝旅行に行ってきました。もちろんご本山本願寺で行われる親鸞聖人750回大遠忌の参拝旅行です。6月には3泊4日で予定定員40名を上回る45名の方の参加をいただき、「お念佛ご勝縁の旅」となりました。是非私も!と言う声をいただき第二期を企画させていただいたことです。この度は18名の団体ということで、比べれば少なかったのですが、すばらしい旅となりました。この旅行を一言で言い表せば、『お念佛に出会う旅』だったと感じる今日です。

10月14日(金)まだ真っ暗の朝5時に、ご本堂や境内にに電気をつけ、お迎えする準備をしていました。間もなく参加者が次々とおいでになり、夜も明けつつあります。

ご本堂で出発式、前坊守の見送りの中バスで千歳空港へ。江別西インター付近できれいな日の出にあいました。このお天気が京都でも続けばと・・思いましたが。

関西空港よりバスで一路京都は銀閣寺横にある「おめん銀閣寺本店」に到着。やや雲行きが怪しくなってきましたが、坊守ご推奨の京うどんのお店に到着です。店ののれんの前で写真をと思いましたが、後回しにして、先ずはいっぷく。おいしいお茶をいただきながら、18名の自己紹介。3日間よろしくお願いします。

さすが坊守のおすすめとあり、おいしい京風のおうどんをいただきました。九条ネギやミョウガなど、たっぷりと薬味をいただき、つけめんで!

お店を出るとかなりの雨、のれん前で写真の話しは自然と消滅して、歩いて銀閣寺へ。雨の中での散策となりましたが、雨の庭園と銀閣も美しい姿を見せてくれました。

銀閣寺より北にバスで15分、本願寺北山別院に向かいました。一乗寺にちかい駐車場より雨の中歩いて15分、すばらしい山門が我々をお迎え下さいました。

親鸞聖人ゆかりのご別院は、聖人がまだ修行にておられた延暦寺から六角堂への参道の途中にあり、ここに湧いている清らかな水でのどを潤し、体をぬぐわれた場所です。この急な参道を歩かれた聖人のご苦労があったからこそ、お念佛と出会われたと思うと、その清らかな水をくみ、手を潤すと無量のよろこびを感じる一時でした。又、ご別院の山門は、実は眞願寺の山門を建立するに当たり、大変参考にさせていただいた山門です。参拝者の皆さんに話すと、「本当に似ていますね!」

そこから西大谷、大谷本廟へと向かいました。親鸞聖人の御廟があり、大遠忌中は、参詣者が後を絶ちません。まさしく御礼参拝です。その大谷本廟には眞願寺の納骨堂があり、当寺の門信徒の皆さんが分骨されています。今回も、お骨を抱いての旅となりました。礼拝堂で讃佛偈のお勤めと御法話をいただき、納骨堂で納骨式。7名の方々の納骨をさせていただき、皆さんで重誓偈のお勤めをさせていただきました。

その後、明著堂に参拝。まさしく親鸞聖人の御廟六角堂に参拝御焼香させていただきました。

予定では青蓮院参拝の予定でしたが、朝も早く、雨もかなり降り続けていたので、一端ホテルにチェック・インし、一休み。夕食会場へと向かいました。

 夕食は住職が是非とのことで三十三間堂近くの『わらじや』さんで、おいしいう雑炊で京料理を堪能しました。

明日はいよいよご法要です。ホテルにまっすぐ帰り、まもなく就寝でした。(本当はちょっと一杯、ホテルのバーでいただきました。)

コメントは停止中です。