本願寺親鸞聖人750回大遠忌に出勤して ②

5月10日の日中法要には、結衆として内陣に出勤させていただきました。ご門主様、新門さまとご一緒に出勤させていただくのは、とてもありがたいことです。毎年の親鸞聖人御正忌報恩講では、1月12日の中逮夜に内陣出勤させていただいているので、なれてはいますが、通常とは違う大遠忌の結衆は、出内陣ですから内陣も広くむかえ側の結衆の方々がお荘厳でほとんど見えない状況ですし、出勤者も多いので、感覚も違います。それだけに感動も大きなものがありました。

今回は札幌組の団参も一緒になり、勝円寺さま、覚王寺さまのご住職もご一緒に出勤させていただきました。法要の中で「行道」という作法があります。「行道」とは御本尊である親鸞聖人の御真影様を、結衆がそろって歩行しまわり、徳を讃えることですが、正面に来たものは、御本尊に向き直り、華葉を一枚まき一礼します。その時が一番感動した場面でした。

ご法要後には、新門さま、ご門主様よりお言葉をいただきます。大震災で被災された多く方にに思いをよせて、今後の宗門の課題に取り組んでいかなければならないことをふまえながら、大遠忌の意義をおさとしくださいました。お話いただきつつ、はインターネットにて同時放映されています。6月も9日より16日まで毎日午前10時、午後2時半よりご法要が行われます。眞願寺の参拝は10日の午前10時の法要です。参拝出来ない方もよろしければインターネットでご覧下さい。感動しますよ。

本願寺ホームページ   http://webtv.hongwanji.or.jp/daionki/

コメントは停止中です。