春季永代経終わりまもなく降誕会 明日(4/21)はおみがき清掃

お陰様で14日から16日の三日間、今年度春季永代経法要を有縁の皆様とお勤めさせていただくことが出来ました。東日本大震災で被災され、まだまだ不明者の捜索が続き、復興への道が始まろうとしている今日、こうしてご本堂で恒例行事を修行させていただくことができること、ただただ、かたじけなく、申し訳なくおもいます。

少しでも被災された多くの皆様の思いに寄り添いつつ、又復興を願いつつ、過ごさせていただきました。三日間のご法話は、広島県法林英俊師にお取り次ぎいただき、「御恩」を中心としてお話していただきました。私が、お念佛の中に生かさせていただいている尊さに気づき、『御恩報謝』の生活を送らさせていただかなければならないと、深くいただいたことです。

さて、永代経も終わりましたが、まだ雪がまったり、温かかったりと日々めまぐるしい事ですが、明日4月21日は清掃おみがきのご奉仕日となりました。ご本堂の仏具おおみがきをはじめ、境内隅々まで清掃していただくことです。当番地区の皆様、そしてご協力いただける御門徒の皆様、どうかよろしくお願い致します。そして、24日は親鸞聖人降誕会・初参式をお迎え致します。大切な春のご法要です。親鸞さまのお誕生をお祝いし、お念佛のみ教えを聞かさせていただきましょう。

コメントは停止中です。