法務員 竹澤 拓弥 氏 結婚式 11月28日

平成22年11月28日、竹澤さんの実家である太美町松雲寺さまのご本堂で挙式が行われました。雅楽の演奏(実は私も演奏させていただきました)の中、ご本堂に入場され、阿彌陀如来様の御前で夫婦のちぎりを結ばれ、お誓いを申されました。
ご両人が心のよりどころである阿彌陀如来様、そして私のいのちのご縁である多くのご先祖の御前で、大切な儀式を営まれましたことは、何よりも尊いことでした。感激と感涙の中で、ご両家皆様が手をあわせ、お念佛申されていました。

場所を札幌のホテルに移動し祝賀会。眞願寺からも寺族、役員、職員もそろってバスで参加させていただきました。ご縁ある多くの皆様のお祝いの言葉をいただかれ、またまた感動でした。特に松雲寺ご住職(新郎の父親)の御礼のお言葉は、涙の中でご挨拶され、新郎の御礼の言葉に、心のぬくもりと、家族の大切さを教えられました。

どんな時もお互いに弱いところを助け合いながら、寄り添い、お念佛とともに一度しかない人生をおくっていただきたいと、願うばかりです。

お礼の言葉  竹澤拓弥
平成22年11月28日、自坊である松雲寺に於いて、妻ちえみと親族一同で仏前結婚式をお勤めさせていただきました。眞願寺住職様にも楽人として出勤していただき、西井様には結婚式の司婚をお願いして、お勤めいただきました。
その後、札幌のホテルに場所を移し、祝賀会を開かせていただきました。祝賀会には寺族、高間様御夫妻をはじめ、総代の皆様・壮年会会長様・婦人会会長様にも御出席いただき、また衆徒・法務員の皆様は御家族で御出席いただきました。
祝賀会では、多くの皆様方から温かいお祝いの言葉や激励の言葉をいただきました。その御言葉を受けとめて、二人で共に学び、法務員としても、力いっぱい努力いたしたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。合掌

コメントは停止中です。