受け継ごう、このお寺を、お念佛のともしびを

19日報恩講「ともしびの集い」にお詣りいただいた二人が、手にともしびをいただいて…「おばあちゃん、このおあかり、どこにもっていくの?」「これはねえ、のの様におそなえするのよ。さあ、気をつけて、ちゃんと持って、いっしょにおそなえしましょうね。」「うん。そぉっとだね。」…「おじいちゃんも、おばあちゃんも、お父さんも、お母さんも、妹も、そして僕もみんな佛様の子どもだね。」「そうよ、やさしい佛さまのお顔をよく見てごらん。ぼくをいつでも見つめてくださっているわよ。手を合わせて、さあ、おまいりしましょ」「うん。ののさま、ありがとう。」「なまんだぶ…なまんだぶ…」写真からそんなあたたかな会話が、響いてきそうですね。

平成15年3月 寺報「響」
≪写真は安孫子喜一君≫