境内の秋②

ナナカマド・ドウダンツツジ・オンコなど、境内の低木も実が赤く染まり、目を楽しませてくれています。実りの秋といいますが、いのちのはぐくみの一端が見えてくるようですね。色づき枯れゆく葉の側に新たないのちの種が、秋の太陽に輝いていました。



コメントは停止中です。