油絵を眞願寺へ寄贈 大島栄さん

ご門徒の大島栄さん(西野幌在住)は、北海道開拓記念館から請われて個展を開催したほどの絵描きさんです。自宅には大小さまざまな油絵等が、数十点も飾られており、その迫力に驚かされます。昨年奥様との悲しいお別れがあり、お寺とのご縁ができました。その様な悲しみの中ではありましたが、境内でスケッチされる姿を時折お見かけしていました。

その後油絵が立派に完成され、御寄贈いただきました。総合玄関より本堂への階段を登って、ホールの左側壁面にその絵は飾られております。

正面よりやや右手に本堂があり、銀杏の大樹を前面に配し、鐘楼堂を左にした構図の、写実的なすばらしい油絵です。是非お参りの折りにでも、ご鑑賞下さい。大島さんありがとうございました。

コメントは停止中です。