第7回を終えて(2月12日 子ども食堂・地域食堂☆しんがんじ)

「こんにちわー!!」お寺に着くと、笑顔いっぱい大きな声で挨拶してくれる子どもや地域の方が増えてきました。7回目になり、顔見知りになってきた子どもや地域の方も増えてきたのでしょう。うれしいことですね。

 

北翔大学の学生さんが15名ほど、地域のボランティアの方が8名、そして大学とお寺スタッフ10名総勢33名の方々が協力し、130名以上の子どもや地域の方がおいでになり、お寺で笑顔あふれるひとときを過ごしました。

特に今回は念願のお米をJA道央様よりお15キロご寄付いただき、そのセレモニーや「お米クイズも」行われました。北海道新聞などにも掲載されたようです。

元気な子供たちの声や姿は、最近街でも見ることが少なくなってきましたが、汗びっしょりになるほど走り回って遊んでいる子供たちと、地域の方々、そして学生さん達が一緒に時を過ごしている様は、まさしく「居場所」になっていると感じました。

カレーライスもおなかいっぱいおいしくいただき、皆さん本当に楽しそうに食べていました。

今回はJA道央様からのお米の他、八百屋KOUSEI様と眞願寺からお野菜、セブンイレブン様よりお菓子やジュース、江別市のY様よりお菓子のご寄付をいただきました!今年もあと3回(5月20日・8月25日・11月18日)予定をしています。皆様のご理解とご協力・ご支援をお願いします。そしてカフェタイムだけでも楽しいので、是非お越しください。

今年もあと3回予定をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください