寺報響46号 報恩講合同準備委員会

千葉県では台風15号による被害が続き、現在も停電・断水をはじめ、生活困難な状況になられている方が、大変多くいらっしゃるようです。心よりお見舞い申し上げます。一日でも早く復旧されますよう、念じ申し上げます。

さて、眞願寺寺報「響46号」が完成しました。髙間專造責任役員追悼を特集しました。

13日午後2時より有縁の方にご奉仕いただき、発送作業をしていただきました。順次届くと思いますので、ご覧いただければ有り難く存じます。ご奉仕いただきました皆さん、ありがとうございました。

 

奉仕作業が終わってから、報恩講の合同準備会議が行われました。総代・壮年会・婦人会の役員はじめ関係諸氏にお集まりいただき、28日から3日間の打ち合わせや、お彼岸のバザーについても話し合いがもたれました。

 


あと二週間となり、何かとせわしくなりますが、できうる限りの御荘厳をさせていただきお迎えしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください