今日から春の永代経 世間では統一地方選挙

三寒四温の境内です。先日関東地方では「季節はずれの雪」が降ったそうですが、桜前線も少しずつ北上しているようですね。山桜の花の芽はまだ堅いようですが、クロッカスは満開になり、雪割草や福寿草も咲き始めました。チュウリップもだいぶのびてきましたね。

 

 

 

世間では今日から統一地方選挙ですね。江別市も市長と市議会議員の選挙が始まりました。眞願寺の門徒さんからも髙間専逸さんと鈴木誠さんのお二人が市議会議員に立候補されました。宗派からの推薦もいただかれました。是非頑張ってほしいと思います。

 

さて。眞願寺では春の永代経が今日より三日間はじまりました。今日までご苦労いただいた先達の方々に感謝しつつ、ご参詣くださった方々とご一緒に浄土三部経を拝読し、ご法話を聴聞させていただきます。

 「このお寺からお念仏の声が途絶えないように」「私達の子や孫の世代まで、み教えが伝わりますように」との御懇念をお納めいただくのが永代経懇志です。眞願寺は130年の歴史の中で、多くの先達の方々がご往生された方を偲びつつ、御懇念を御進納いただきました。そのご縁を大切に記したものが「永代経掛軸」「永代経進納帳」です。平素は須弥壇(阿弥陀如来の足元)内に納められていますが、この三日間は向かって左余間に奉献し、お勤めしています。

 今日、この素晴らしい環境の眞願寺本堂で読経し聴聞出来るのも、ご苦労いただいた多くの方々のお陰と感謝しつつ、私達の後世に受け継ぐべく志を新たにしたいとおもいます。

布教は茨城県ひたちなか市清心寺副住職増田廣樹師にお取り次ぎいただきます。初日からたくさんの方が参拝いただき、皆さんとご一緒に聴聞させていただきました。

あと二日間、皆様も是非ご参詣ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください