16日はお寺の日 ご命日法座

雪の捨て場がないですね~。道も雪山で狭くなって~。もう雪いらないね~。そんな声があちらこちらから聞こえてくる今日です。昨日の16日から暖気になり、屋根の雪庇が落ちて、せっかくきれいにしていただいている境内でしたが、ご命日法要直前に除雪作業でバタバタでした。それでも本堂の雪庇は垂れ下がりながらしぶとく屋根についています。(^_^;)

13日には危険が伴っていた車庫の雪庇を、眞願寺の勇敢な法務員さんが落としてくれました。頼もしいですね!シンガンズ!

さて、そんな中ではありましたが、16日午後1時より親鸞聖人ご命日法座には50名近くの方の参詣をいただき、ご一緒に親鸞様の御遺徳を偲びつつ、正信偈をお勤めさせていただきました。

ご法話は妹背牛町法忍寺渡辺雅俊師にお取り次ぎいただき、わかりやすく歯切れのいいお話でした。特にご自身の経験やご縁いただかれたご門徒さんのことなどを例に出されながら、親鸞聖人のお示しいただいたみ教えを、お伝えくださいました。

眞願寺付近の道路も20日には自治会の除雪作業があり、久しぶりに広くなることでしょう。今日も日が差してあたたかな一日でした。気温も-1°まで上がったようです。あと二週間で桃の節句ですね。少しずつ春が近づいているようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください