坊守から・平成30年3月

 ちかごろ健康ブームですが、皆さんは健康のために何かされていますか?
 新聞のテレビ欄では、毎日どこかのチャンネルで病気や健康に関する番組を見つけます。血圧が高い人は何々が良い、風邪予防にはこれを食べると良いなど様々な事をとりあげていますよね。私は肩こり症なので特集があると見ています。先日は、「肩こりに効く30 秒体操これはすごい!簡単!毎日やろう!」とテレビを前に一緒に体操をして意気込むのですが、またいつもの通り三日坊主で終わってしまいました。比べる次元が違うのですが、冬季オリンピックで競技された選手の方々は日々地道な練習をし自分との戦いでしょう。想像を超える努力というのは、本当にすばらしいですね!感動しつつテレビを見ていました。
 私はというと、そんな簡単なことも出来ずにいますから情けなく悲しくなります。続かないし、加えて忘れっぽい。いつもご本堂で法話を聞いても右耳から左耳へスーッと忘れてしまうなぁとがっかりします。
 前に来られたご講師さんがお話の中で、「お寺へ来て良いことを聞き、賢くなって帰るということではなく、自分の背負っている重荷を下ろして、鎧を取って軽くなって帰ってください。そのままの自分で良いというホッとする場所がお寺なんですよ。」と言ってくださいました。そんなやさしく心強い言葉を思い出し少し安心したことでした。
 さて、ようやく春が近づいてまいりました。皆さんも冬の厳しい寒さや日常の色々なことで体や心が重く硬くなっていませんか。まもなくお彼岸です。お寺でほんの少し軽くなってお帰りください。お待ちしております。