壮年会総会 1月28日

雪の祭典札幌雪祭りが開催され賑わっていますが、福井県などでは例年にない豪雪により大きな被害が出ているようです。北海道でも太平洋側では例年にない大雪で被害が出ているようです。心よりお見舞い申し上げます。

江別でも厳しい寒さが続いています。2日の朝境内では-16°でした。さむいを越えて「しばれる」朝でしたね。しばれましたが、境内の様子を残しておきました。ダイヤモンドダストも綺麗でしたね。しかし歩道も狭くなりましたね。車道はまったく見えなくなっています。

さて、1月28日は午後4時より眞願寺仏教壮年会の総会・新年会が行われました。先ずは会員物故者追悼会が行われ、会員皆様とご一緒に偲ばさせていただきました。総会では昨年度をふり返りつつ、新年度に向かって議論され、役員の任期でしたが、徳永会長が留任されることとなりました。

発会し21年が過ぎ、会員も年々高齢化がすすみ、中々新会員も増えていない状況の中で、将来を見据えて議論してゆかなければならない認識の中で、会の規則が一部見直される事になりました。(会員と特別会員の年齢について)

宗派では壮年会や婦人会の教区代表者(組代表者も)は65歳以下という基準をまだもちいていますが、現実的にはとても難しいと思います。現在の60代70代は多方面でとても活躍されている方が多いと思います。お仕事では第一線は終えられてはいますが、次の職場で頑張っておられる方がとても多くなっています。民生委員・保護司・自治会・・。地域の奉仕活動などでも、その年齢の方がとても多いです。そう考えますと、お寺にこられて活動される方も、自然にそうなっていくのでしょう。そことは別に若い方の世代の方々に、どうやってお寺とのご縁を結べるのか、考えつつ実践していくべきだと思います。

総会も終わり、広間で新年会がにぎやかに行われ、親睦の和が広がりました。役員の改選で新たに副会長になられた堀さん、事務局長に熊野さん、幹事に平野さん、筒渕さん、皆さんのスピーチや住職からの景品ジャンケンなど、楽しく酒の宴も深まっていきました。今年も皆さんの参加、宜しくお願いします。

コメントを残す