坊守から・平成29年9月

先日、野菜ソムリエさんの料理教室に参加する機会がありました。

さすがソムリエさん!野菜に関する知識がすばらしく、野菜の性質、保存方法や栄養を損なわず美味しく調理する方法などお話してくださいました。知らなかったことが多くてびっくりです。

「ソムリエ」とはもともとワインの専門家と言う意味で使われているようです。最近は特定の分野に精通した専門家を「ソムリエ」という表現を使って呼んでいるようですね。今では「日本酒ソムリエ」「野菜ソムリエ」「味噌ソムリエ」「チョコレートソムリエ」「温泉ソムリエ」など、日本では沢山のソムリエさんがいらっしゃるみたいです。はて住職は「お念仏ソムリエ」かな?と考え笑ってしまいました。

今年はお盆参りに息子、娘、息子の友人二人がお手伝いしてくれました。若さあふれる中でこの夏を忙しく、楽しく元気に過ごさせていただきました。あらためて自分の年齢を感じつつ、どこかのお寺の寺報で書かれていた「お念仏のバトンタッチは私から」という坊守さんの言葉を思い出しました。ソムリエにはなれませんが、バトンタッチ出来るよう一日一日過ごして行きたいと思い、京都へ戻る子供達を見送りました。

境内のナナカマドが色づきはじめ、秋のお彼岸を迎えてくれています。皆さまどうぞご参拝ください。

コメントは停止中です。