お悔やみ

6月1日、北広島市の興徳寺ご住職藤田憲昭師が往生の素懐を遂げられました。札幌組の組長も歴任され、眞願寺の開教125周年記念式典でもご挨拶をいただき、大変お世話になりました。僧侶として、札幌組の組長として大先輩でもあり、これからもなにかとご指導いただきたかったところですが、とても残念なことです。心より合掌しお悔やみ申し上げさせていただきます。

コメントを残す