深まる秋の境内~報恩講②

dscf0218寒い日が続く北海道です。天候は12月中旬なみと、天気予報では例年より早い降雪などに注意を呼びかけています。インフルエンザも例年よりより早く流行出したようで、札幌市内小学校でも学年閉鎖など、はやりだしたようです。

dscf0198境内では今年も雪囲いにスペースデザインさんに松などの高木をお願いし、木村弘総代さんはじめ有縁の皆様にご奉仕いただき、作業が始まりました。

dscf0220今年も緑色のままでちりはじめたイチョウのですが、まだ散り残っておるようでdscf0221すね。雪と混じって清掃が大変です。庫裏では、我が家の人気者プー子ちゃんが、元気そうにはしり回っdscf0213ています。

さてさて、報恩講二日目(9月29日)のご報告です。まもなく正午になるかと思いつつ、山門前に来てみると、制服姿の高校生が笑顔で歩み寄ってきてくれました。札幌龍谷高校の宗育局の皆さんです。大逮夜法要で雅楽演奏に特別出勤していただくことになりました。少々緊張気味な皆さんです。

dscf8430正午を過ぎると門信徒の方々はじめ、各ご寺院ご住職などが参集された方より、お齊を召し上がっていただきました。今年のお齊もとてもおいしく頂きました。婦人会の皆さんdscf8451ありがとうございます。

又、本堂ロビーでは東日本大震災支援バザーが行われ、福島の物産などを皆さんにご協力頂きました。お陰様で完売です。

 

dscf8455大逮夜のご法要の10分前、本堂横の控え室で、ご出勤頂くご法中がそろわれ、髙間専造責任役員よりご挨拶申し上げました。また、会奉行の勝圓寺ご住職より、差定の説明があり、いよいよご法要です。御導師は相焼香安楽寺ご住職様にお願いし、宗祖讃迎作法にてお勤め頂きました。外陣正面には札幌雅友会と札幌龍谷高校宗育局の皆さんに出勤いただき、賑々しく雅楽演奏をしていただきました。

dscf8464dscf8465dscf8504dscf8482dscf8496大逮夜法要に引き続き、眞願寺住職の導師により本年度門信徒追悼会がお勤めされ、昨年9月より本年8月に御往生された方々をご縁として、阿弥陀経の読経作法にて一座をお勤めいただきました。

dscf8627法要終わりましてからご挨拶で、札幌龍谷高校宗育局の皆さんに感謝を込めて、生徒さんお一人づつ図書券を差し上げました。また、札幌雅友会のメンバーで札幌別院に奉職されている山階晃雄さんに、住職よりサプライズのプレゼントがありました。ちょうどこの日お誕生日であり、そのお誕生日に第二子が誕生されたということで、おめでたいことが、重なり満堂の皆さんとお祝いさせていただきました。山階さんおめでとうございます。

dscf8642dscf8657お陰様で満堂のお御堂からお念仏が響きわたり、親鸞様に感謝申し上げさせていただきました。引き続き清岡先生のご法話も、皆さんと聴聞させていただき、大逮夜も終了dscf8666いたしました。

終了後、ご本堂のロビーに行ってみると、広島の友人原田有浄さん方が旅行の途中に寄って下さり、参拝して下さいました。ちょうど6年前のお彼岸にご法話頂いて以来dscf8701の訪問で、懐かしい一時をすごさせていただきました。ようこそでした。