教区Aブロック総代研修会に参加して

 7月6日、7日に登別グランドホテルに於いて、浄土真宗本願寺派北海道教区Aブロック門徒総代研修会が右記の日程で開催されました。
 当眞願寺からは、木村、笠羽、富永、河合、土蔵の各総代、住職の計6名で参加をしてまいりました。定刻に始まり、北海道教区門徒総代会の総会が行なわれ、提出された議案すべてを出席者全員の賛成で承認可決されました。
 なお、次年度は日高組の主管担当で行われるとの事です。内容については、後日連絡との事です。
 その後、講師の小林先生からの話があり、”寺離れ”と云われているが、宗教離れではない。お寺をどう活用するか、例えば参加者主導のイベントを企画するとかなるべく葬儀をお寺でする等、色々できる ことがあるのではないか?などと話ががありました。
 引き続き参加者全員を10のグループに分けて”話し合い法座”が行われました(連研方式)。後に各グループの発表があり、それぞれ地域によって色々悩みがあることがわかりました。(グループの代表として眞願寺の木村総代も発表されました。)
 予定の時間に終了し、夕食、懇談会が始まりました。途中ステージでは”熊舞”なる郷土芸能が披露、その迫力に圧倒されました。最後はジャンケンゲームで楽しい一時を過ごしました。その後、眞願寺一行は住職の部屋に集まり、今日の反省と、今の眞願寺の現状などを話し合いました。
 二日目は前日の各グループの発表をもとに先生のまとめの話があり、定刻に終了しました。札幌組には45ヶ寺の寺院がありますが今回参加したのは11ヶ寺で少々寂しい感じがしました。又、他の地域では連研履修者が各グループ1~2名程度でした。眞願寺は全員履修者でした。
 以上、簡単ですが参加報告とします。

総代 釋威曜 土蔵幸雄

18-01

18-02

18-03

住職による記事はこちら